« 『STAP細胞はあります』ー小保方晴子さんの記者会見より | トップページ | オバマ大統領の従軍慰安婦問題発言に渇! »

2014年4月20日 (日)

STAP細胞はあるのかー小保方晴子氏へオファー

小保方晴子氏の問題でマスコミが騒いでいる中、彼女の可能性を認めたオファーが届いていて、ハーバード大の
バカンティ教授も帰っておいでといっているという。

いまSTAP細胞問題での関心が改ざん、捏造、コピペなどの方法論と不正の有無に集中している様に見えるが
もっと本質を見なければならない。

コピペの問題は科学ではタブーであることは理解しているが批判を承知でいうと、コピペも才能、過去の叡智を取捨選択しさらに一段上のものを発見、創造するという見方もできるのではないか

脱線したが理化学研究所・発生再生科学総合研究センター・笹井芳樹副センター長は会見でSTAPの存在を認めるような発言をした。

今国民が最も関心をもっているのは不正問題もあるが
正に未来のSTAP細胞の存在の有無と,その証明を世界に先駆け日本人の手で発表してほしいということだと思う。

理研は非を認めたくないとか、「特定国立研究開発法人」の候補であるとか、対面とか大人の事情に惑わされることなく
STAP細胞の存在を証明することに全力で傾注してほしい。

その意味では理研の検証に、真実にもっとも関係深い小保方晴子氏を排除しようとする姿勢は理解しがたい。
彼女への烙印はすべてが判明した後にでもいつでもできる。ましてや人材流出をさせてはいけない。

「STAP細胞はあります」 を信じたい。

|

« 『STAP細胞はあります』ー小保方晴子さんの記者会見より | トップページ | オバマ大統領の従軍慰安婦問題発言に渇! »

科学」カテゴリの記事

コメント

残念ながら今の状態では、小保方さんの復帰は少なくとも理研では叶わない。
なぜなら、
理研そのものが、論文は不正であり、結果研究そのものも疑っているからです。
笹井副センター長は、会見では柔らかく言ってましたが、その前の理研の発表は笹井副センター長も同意しているはずですから、同じです。(だから、先の笹井氏の会見、理研の会見と同じことなのです。)

「STAP現象があるから、STAP細胞があるだろう。でも完璧な作成方法は、小保方さんの方法ではないだろう。」

と言うのが笹井副センター長の意見です。
つまり、保方さんの研究は否定しているのです。”研究を否定”とは、STAP細胞存在の有無ではなく研究の方法が間違っているということも含んでいます。

”200回成功しています。”、”第三者の成功(多様性マーカーまで)がある。”と言ってましたが、全て立証できていません。
ただ、言っているだけ。私もこれでは、信用できません。
小保方さんとしては、これを立証するしかないのです。

”研究は間違っておらず、STAP細胞も小保方さんの方法で確実にできる。実験ノートもしっかり書いており、ネイチャーへの論文がいい加減だっただけ”
と立証しないと、小保方さんの復活はないと思います。

結局また元に戻ってしまいますが、解決するにはこのことだけです。非常に歯痒い思いです。

また、これなくして復活は小保方さんに対してあまりにもいい加減(甘すぎる)過ぎる。
例え優秀は方、有望な方だろうと税金を安易に使ってもらっては困ります。それなりの責任を持ってほしいのです。

投稿: Toms | 2014年4月20日 (日) 19時36分

素人には なんとか細胞なるもの 年寄りには なおさら わからん ようは うそはいかんと ゆうことじやろ まあ 韓国は韓国でケンチヤナヨの国ですな 救助は敏速を旨とすべし サルベージ船何隻も待機させて やはり女の親方では アホなことを 船長は殺人罪にも値する そうじやがの その国のそう責任者おまえぞ 女の浅知恵とはいいたくないが それに値するのは おまえぞ 何日も決断もせずに日本のサルベージは優秀ぞ 日本で作った船だから沈んだなどと どつかの国の
ように言い掛かり はつけんように のう

投稿: 梅林 | 2014年4月27日 (日) 23時21分

梅林さん、お久しぶりです。

韓国、フェリーの事故は本当にかわいそうでした。お悔やみ申し上げます。

技術屋として、昔の経験を言いますと、韓国企業、韓国人技術者の技術レベルは高いものの、”もの作り”の心がなっていないと感じる経験が多かったですね。
具体的に言うと、できあがった物の”できが悪い”、用は品質が悪いのです。
彼らの本音を聞くと、”この金額ではここまで”と平気で言ってました。いくら安くてもこれでは、発注しない方がマシという酷さだったそうです。
”韓国は技術より、”もの作り”を教育しなければ・・。”と日本側メーカーの方が言っていたのが印象に残っています。

今回の事故で私がビックリしたのは、兎に角、政府、海上警察等への不信感がすごいことです。
特に救助をしてくれている海上警察、軍に対しての不信感には驚きました。日本では、ほぼ考えられません。親の気持ちは解りますが、危険を覚悟で精一杯救助活動をしてくれているのを信用していない。技術的に低いと言うことでしょうか?

自国の政府への不信、国民の命を守ってくれる軍、警察への不信。また、本当に不祥事が多いのも事実だそうです。
日本も色々ありますが、ここまで酷くはないでしょう。
韓国という国は、基本的なモラルとか無い国なんですかねえ。
不思議な国です。
こんな国に色々言われたくない。と思ってしまうのですが。

投稿: Toms | 2014年4月28日 (月) 11時27分

梅林さん、Tomsさんコメントありがとうございます。
韓国の大統領は過去みな汚職で逮捕されたり自殺したりで国のことなどより
自分のことしか考えてないことがわかります。
儒教の国(近年キリスト教徒も多数を占めていますが)なのに国民の価値観も
まったく日本人に理解しがたいところにあります。
民度が低く直情的な韓国に振り回されないようにうまく対処しなくてはならないと
つくづく思います。

投稿: mugen | 2014年4月29日 (火) 10時58分

トムさん 久しぶりです 最近 外国人の若者をあいてにしておりますが ベトナムの若者ビルマの ミャンマーと言うのは日本だけか 若者 キリギリス ロシアごかあ 日本にいながらにして 若いおりを思い出しつつ 歯の抜けた滑舌でわすれかけた外国語で彼らの指導に冷や水をたらしておる昨今ですが 冷や水が年甲斐もなく あつく なるほど彼らはあついですな なのに世界は 日本のじいさんは腰を叩いてやれ やれ じやよ 梅林

投稿: 梅林 | 2014年5月 6日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/59500393

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞はあるのかー小保方晴子氏へオファー:

« 『STAP細胞はあります』ー小保方晴子さんの記者会見より | トップページ | オバマ大統領の従軍慰安婦問題発言に渇! »