« ロシア版シリコンバレー“スコルコボ” に学ぶ | トップページ | 兵庫県議会のピント外れの改革 政務活動費 »

2014年9月12日 (金)

朝日新聞、NHKは公共のマスメディアと言えるか

朝日新聞の木村社長が記者会見で謝罪をした。
相次ぐ失態でもはやその存在価値はない。

既に詳しく報道されているので内容は割愛するが
一つには
吉田調書の発表をうけて福島原発事故の際東電社員が逃げたとの記事を誤報と認め謝したもの
二つには
ジャーナリストの池上彰氏が朝日新聞に掲載するコラムが慰安婦問題に関して朝日に批判的であったため掲載を見合わせてため池上氏からの批判を受け結果折れて謝罪を記事を掲載したもの
三つには
慰安婦問題の記事において朝日新聞の報道に虚偽があったことを認め謝罪したもの

いずれの場合も世間の風当たりや批判に耐えきれない形での謝罪のため遅きに失し見苦しい。

問題なのは
自社本位でマスメディアのあるべき姿やその本質を見失い、これが最も重要なのだが世界に日本の誤った認識をあたえ今なお対日批判が拡大し日本の国益に多大なダメージを与えた事に対する反省と対応策がないことである。

かって朝日新聞記者が自らサンゴを傷付けてねつ造記事を書いて多くの読者を失ったが、今回は
朝日新聞は読むべき新聞ではない,というだけでは済まないのである。

NHKにも似たような問題がある。
暴言など数々の問題を残していて、やはり自社本位で公共放送としての認識がたりない。

今回錦織選手が全米オープンで決勝進出という歴史的快挙をはたし、テレビでの観戦を楽しみにしたがなんと放送がない。国民の誰でも見たいと思っている試合の放送がないとしり愕然とした。無料なら文句は言わない。
良い番組、見たい番組を見せるから視聴料をとっているのではないのか
視聴者に目が向いていないのが分かる。

|

« ロシア版シリコンバレー“スコルコボ” に学ぶ | トップページ | 兵庫県議会のピント外れの改革 政務活動費 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

朝日もNHKもむかしから 国民を憚る 瓦版やじやな 戦時下軍部の差し金で国民を戦争に一番あおつたのは この二者じやよ 嘘で固めるのは 得意技じゃよ さて 今回の内閣わけわからんのう 石破殿が日本国のなかで 誰よりも軍事に長けておるとわしは思うのじやがのう あの娘子は原発の踏み絵大臣かな それとも国民を霞みか雲に巻く みこさん かのう また 法の司が 初めから赤色にそまつて 長い話しをするのかのう 法の司は 何者にも染まらん黒に決まっておろうが わけわからん 大変な内閣になりましようぞ あべさんも 頭が痛い 支持率は さがるしのうー 梅林

投稿: 梅林 | 2014年9月16日 (火) 00時35分

梅林さん、コメントありがとうございます。
いま安倍内閣は野党が無力で何をやってもいい状態なのがいけないですね。
維新とゆいも党名でスタートからつまづき、みんなの党は分裂騒ぎ、民主党は相変わらず存在感がなく、野党には考えて頑張ってもらうしかないです。

投稿: mugen | 2014年9月17日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/60304818

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞、NHKは公共のマスメディアと言えるか:

« ロシア版シリコンバレー“スコルコボ” に学ぶ | トップページ | 兵庫県議会のピント外れの改革 政務活動費 »