« 不快、国賊、鳩山由紀夫 | トップページ | 春の一コマ »

2015年3月14日 (土)

ガンに朗報 尿一滴でガンがわかる

2015年3月12日に
九州大学の研究チームが、細長い糸状の寄生虫である線虫「C.elegans」ががん患者の尿に引き寄せられ、健常者の尿は避けるとことを突き止めたとに発表した。

「n-nose」と名づけられたこの技術が実用化されれば、数百円の費用で高い精度を持つがん診断を受けられるようになるという。
研究チームはがん患者に特有の匂いがあることを利用し、 アニサキスやギョウチュウといった線虫が、がん細胞特有の分泌物の匂いに対して反応しがん組織の方を好むことが分かったという。

この診断技術は95%と これまでのがん診断よりも圧倒的に高い精度を示し、「ステージ1」の早期がんにも反応したことから、従来では見落としていた段階でのがんを発見できる可能性も示唆されているという。

10年くらいで実用化できるというからガンでの死亡率が激減する事が期待される。

因みに現在では
早期がんチェックに がんリスク検査「AICS」18900円が行われています。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)とは?
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。

健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、さまざまな病気になると、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。この性質を応用したのがAICSです。

AICSの特徴
1回採血(約5ml)で、複数のがんを同時に検査することができます。
早期がんにも対応しています。

AICSの検査対象となるがん
男性では胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がんの合計4種のがんに対するリスクを評価します。
女性では胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんの合計5種のがんに対するリスクを評価します(子宮がん・卵巣がんについては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクを評価することはできますが、区別することはできません)。

|

« 不快、国賊、鳩山由紀夫 | トップページ | 春の一コマ »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/61279581

この記事へのトラックバック一覧です: ガンに朗報 尿一滴でガンがわかる:

« 不快、国賊、鳩山由紀夫 | トップページ | 春の一コマ »