« 閣僚はゴールデンウィークに外遊した? 報道の自由度は? | トップページ | あまりにも杜撰 日本年金機構 »

2015年5月25日 (月)

原発を考える

先ごろ台湾が日本の食品に対して輸入禁止措置を発表したが、今頃なぜという意見も多かったが、日本が鈍感すぎるともいえる。

台湾政府以外の諸外国も日本の食品に対して、いまだに輸入禁止措置をとっていたり、放射能検査の実施を要求したり、あるいは自国で放射能検査を実施している。

農林水産省のデータをもとに、世界各国における日本食の輸入禁止措置を地図で表示したものがある。
Syoku
赤色:日本食で輸入禁止措置の項目がある国
オレンジ色:輸入される日本食に対して放射能検査を要求、あるいは、自国で放射能検査を実施


世界では食品に対する放射能汚染に敏感であることが伺える。

今政府は次々と原発の再稼働を決めようとしているが本当にそれで良いのか。

原発の核廃棄物の処理方法や、福島の廃液問題等など何一つ解決していない。
原子力規制委員会は単に地震、津波などに対して世界で最も厳しい基準と言っているが、テロその他のリスクをどこまで検討されているのだろうか

セシウムがカナダの海水で検出されたというニュースもあった。海流で運ばれたとしたら余程の量が放出され続けているのかもしれない。

報道はされていないが4月3日から福島第一原発2号機の核納容器の温度が約20℃から70℃へ急上昇し、2日後には88℃に達したといい水蒸気の異常な噴出が何かが起こっていることをうかがわせる、

海外の研究者や政府関係者が不安視しているとも聞く。
実際核納容器内の様子は把握されておらず核燃デブリ(核燃料のゴミ)がどこにあるかも分かっていない。

福島の原発事故を機に原発廃止を決めたドイツのメルケル首相がなぜ日本は原発をやめないのかといったのを重く受け止めなければならないと思う。

安価の電力のために原発無しでは経済にダメージが大きいとい言うが現実に原発無しでもやっていけている。
利権がらみで止めたくないのが本当のところだろう。

何かがあってからでは遅い。
今一度福島の、津波の悲惨さを思い出さねばならない。

Deburi
福島第一原発は透水性の高い「中粒砂岩」の岩盤の上に立つ。そのため核燃デブリがメルトアウトした場合、すぐに陸側から流れる地下水流と接触し、水蒸気爆発や臨界反応を起こしやすいと推定できる。デブリは今、格納容器内のコンクリート上にとどまっているのか、それともコンクリートを突き破り地盤に到達しているのか

|

« 閣僚はゴールデンウィークに外遊した? 報道の自由度は? | トップページ | あまりにも杜撰 日本年金機構 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/61644715

この記事へのトラックバック一覧です: 原発を考える:

« 閣僚はゴールデンウィークに外遊した? 報道の自由度は? | トップページ | あまりにも杜撰 日本年金機構 »