« NHKは安倍政権の広報か? | トップページ | 秋  コスモス »

2015年9月19日 (土)

安保法案成立の功罪

安保法案が大騒ぎの末成立しましたがこの成立には功罪2面性がある。
1つには中国、北朝鮮に対する抑止力が高まり、
1つにはアメリカの戦争に引き込まれるリスクです。
〈功〉
・中国、朝鮮への抑止力が高まる
・国際社会の一員としての役割が評価される
・自衛隊の行動が適切化される
〈罪〉
・アメリカの戦争に巻き込まれるリスクが高まる
 アメリカは1776年建国以来、ほとんど戦争が途切れることがなく軍事産業によって国を発展させてきた。ベトナム戦争、イラク戦争も仕掛けた間違いの戦争であったことは明らかになっている。

・日本は敗戦以来アメリカにコントロールされ従属的で、この法案によってアメリカの軍事活動の一端を担うことになる。現にアメリカはこの法案の成立を見越して軍事予算の削減を決めている。

8e9ba751f7dfb7c7ebe5a45ffe68f024
*表をクリックすると大きくなります。

山本太郎が国会で明らかにしたようにアーミテージ報告により過去の日本はアメリカの指示に従ってきたと言っても過言ではない。地位協定の改定もなく、過剰な思いやり予算の削減もなくアメリカの言いなりになってはならない。

日本と同じく敗戦国でありながら、「憲法解釈の変更」で海外派兵をしたドイツは、後方支援に活動を限ったアフガニスタンで55人の犠牲者を出した。その反省から政府が暴走しないように国会の縛りを強化していることも学ばなければならない

日本国民は平和ボケでやみくもに戦争反対というきらいもあるが、多くの国民は中国、朝鮮の脅威から等しく国を守らなくてはならない、そのために犠牲が出るかもしれないことものは理解している。

それでもここまでの反対の大きな理由は安倍総理の独善と傲慢さがある。
安倍総理は前のめりにアメリカの議会で8月にこの法案を成立させる約束をしたため、国会軽視と批判され、審議不足との世論を無視してまでありえない形で強行採決したのもこの約束のためである。

また憲法の解釈を無理やり変えるやり方も憲法違反で大きな批判のまとになっている重大問題である。

アメリカとの同盟で国を守るのと同様にアメリカからの自立性も重要と思う

日本はこれまでその都度解釈を変えては矛盾を覆い隠してきたが限度がある。
日本の将来の形をしっかり決めて本来あるべき形として憲法を改正していくのが本筋だろう

|

« NHKは安倍政権の広報か? | トップページ | 秋  コスモス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/62310557

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案成立の功罪:

« NHKは安倍政権の広報か? | トップページ | 秋  コスモス »