« 秋  コスモス | トップページ | ハロウィン狂想曲 »

2015年10月17日 (土)

一億総活躍社会のスローガンの憂鬱

安倍総理の「独善が止まらない。
安保関連法案を無理やり通し今後も丁寧に説明していくと言ったがその舌も乾かないうちに,一転何もなかったかの様に新成長戦略として一億総活躍社会というアドバルーンをあげた。

内容は2020年代をめどに
<経済成長>GDP600兆円
<高齢化対策>介護離職者ゼロ
<少子化対策>希望出生率1.8
<女性活躍>女性管理職3割
を達成するという。

非常に聞こえは良いが具体策や手順が示されないので実現性が期待できず虚しさのみ残る。

GDP600兆円は毎年3%以上の成長できれば達成というが、過去20年井戸も達成できず2013年は1.6%である。アベノミクスの第3の矢成長戦略も放たれたとは言えないのに裏付けがなさすぎる。

介護離職は過酷な労働と低賃金のため増加する一方で歯止めがきいていない。

希望出生率1.8%に至っては現状1.4%で下落傾向が続いていて文字通り希望的数字と言わざるを得ない

女性管理職3割は民間企業頼みで政策にならない。

スローガンは大切ではあるとはいえ甘い言葉を並べすぎる。

一億総活躍とはいうが弱者にまったく目が向いていないのは、アベノミクスでの弱者切り捨てと同様で問題多く、
無駄の削減、議員定数の削減、行政改革、福祉政策など地道で重要な政策が軽視されている。

都合が悪いのか臨時国会も結局開かないようだし、来年の参議院選挙に向けて外交で得点を稼ぐ意図が見て取れる。
安倍総理の独善も結局数の論理からくるものだと思うから緊張感のある参議院選挙にするために野党には大いに頑張って準備を進めてほしい。

|

« 秋  コスモス | トップページ | ハロウィン狂想曲 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/62492381

この記事へのトラックバック一覧です: 一億総活躍社会のスローガンの憂鬱:

« 秋  コスモス | トップページ | ハロウィン狂想曲 »