« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月24日 (水)

「組み体操」を全面禁止 流山市教育委員会

事故が相次いでいる学校での「組み体操」の問題で、千葉県流山市は、来年度から全ての小中学校で組み体操の実施を取りやめることを決めた。

なんと短絡的で安易な決定だろうかと思う。
市教育委員会の事なかれ主義、問題回避、責任回避の姿勢が露骨にうかがえて嘆かわしい。

組体操の歴史、体力、精神力、協調性などその意義など一切無視して、止めておけばわずらわしい問題が起こらないだろうという発想は教育のなんたるかを全く考えない無責任な姿勢といえる。
このような考え方がひろがると日本人の子供は覇気がなく、ますます弱体化、軟弱化してしまう。
確かに
昨年8600件の組体操負傷件数。過去に死亡3件後遺障害役90件発生していることを考えると、子供の危険を回避させるこが当然必要なことは言うまでもないが、
特別危険な種目を止めるとか全員強制ではなく希望者だけで行うとかいろいろ方法はあるので、まずその取り組みをすべきである。

危険ということで言うと柔道の危険性はよく言われている。

中学校の2009-2013の間で柔道の授業の負傷事故件数は21,526 件、柔道の部活動の負傷事故件数は32,013 件、
中学校における柔道の死亡事故については1983~2011 年度の29 年間において40 件発生している。
しかし柔道を一切禁止、または止めようという問題はおこらない。流山市の教育委員会はこの違いををよく考えねばならない。

なんでも危険なことはすべて避けるという風潮が強くなっているのは危惧すべき問題である。

事なかれ主義、問題回避、責任回避の姿勢については
姫路市立中学校で教諭いじめ隠しで中1生徒の骨折を「転んだことに」して報告し兵庫県教委は23日、男性教諭(58)を停職6か月の懲戒処分とした問題にも見られ嘆かわしい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

天台寺門宗の総本山三井寺

三井寺は、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山。
平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性によって天台別院として
中興され、以来一千百余年にわたってその教法を今日に伝えている。

⇒ 写真をクリックすると大きくなります

<仁王門>
Dscf1402_2

<智証大師坐像>  三井寺の開祖・智証大師円珍(814~891)
・重要文化財 鎌倉時代
・木造 彩色 像高39.0㎝ 唐院に安置
08_2
<園城寺御開山 智証大師聖訓>
Dscf1442
Dscf1436

<金堂>
Dscf1406
Dscf1412
Dscf1411
<金色不動明王画像(黄不動尊)>
・国宝 平安時代 九世紀
・絹本著色 縦178.2cm 横72.1cm
三井寺の黄不動は日本三不動の一つ
弘化四年(1847)に冷泉為恭が原本を忠実に模写したもの。
01
<不動明王坐像>・盛忠作
・重要文化財 平安時代(長和三年 1014)
・木造 彩色 像高39.1cm
03
<大日如来坐像>
・平安時代後期
・木造 漆箔 像高94.9㎝
智拳印を結んだ金剛界大日如来。智拳印は、羯磨印、最上菩提印とも称し、最高の悟りの境地を表わし、この印を結ぶ金剛界大日如来は、宇宙の中心、真理そのものであると説かれてます。現在は金堂に安置されています
S09

<弁慶鐘>
Dscf1417
Dscf1418

Dsc01866
Dscf1420
<唐院(大師堂三重塔)>
Dscf1434
Dsc01874

Dsc01879

<微妙寺>
Dscf1439
Dscf1441_2
<十一面観音立像> ・重要文化財 平安時代(九世紀)
・木造 彩色 像高81.8cm  微妙寺
011

<毘沙門堂>
Dsc01883

<観音堂鐘楼>
Dscf1448
<観音堂>
Dscf1449
<愛染明王坐像(あいぜんみょうおうざぞう)> 
・重要文化財 平安時代(十二世紀後半)
・本造 彩色 像高92.1cm  観音堂
07
 
<水観寺>
Dscf1452
Dscf1453


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

琵琶湖 松尾芭蕉の歌碑

かくれけり 師走の湖(うみ)の かいつぶり


*写真をクリックするとおおきくなります。
Img_0220

Img_0221

Img_0226


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

滋賀県甲賀市 田村神社厄除け大祭

「田村まつり」の起源は古く、今から約1200年前の平安時代初期、弘仁3年(812)正月あらゆる農作物が実ず、
疫病が流行して世の人々が苦しんでいたので、嵯峨天皇が坂上田村麻呂公の霊験を以て災厄を祓うようご命令されたのがはじまりという。

三日三晩にわたる大祈祷により、災い事は見事に治まったと伝えられています。 このご神徳により、大難を小難に小難を無難にと守護し給う「厄除の大神」として広く厚く崇敬されるようになり、
以来、毎年2月17日・18日・19日の3日間 『厄除大祭』として連綿と続けられ、現在に至っている。

大祭では、厄年の厄除のご祈祷を始め、田村麻呂公のお告げにより、境内を流れる御手洗川に歳の数の豆を流す事で厄が落ちるとされる 「厄豆落し」などの神事が行われ、露店、屋台が200店以上並び多くの参拝者で賑わいます。
    
       ★写真をクリックすると大きくなります。
Dsc01849

Dsc01850

Dsc01851

Dsc01852

Dsc01853

Dsc01856

Dsc01858


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

びわこの水鳥

     ★写真をクリックすると大きくなります。

草津湖岸より比叡山を望む
Img_180_2

Img_0182_2

コハクチョウ
   繁殖地 ロシア北部 ツンドラ地帯 今3羽が飛来しているそうです
Img_0177_2

オナガガモ
   繁殖地 ユーラシア大陸北部、北アメリカ北部
Img_0203_2

Img_0200_2

ユリカモメ
   繁殖地 ユーラシア大陸 イギリス アイスランド
Img_0205


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

安倍政権の危うさ、乱暴さ、政治の質の低下が目立つ。

高市早苗総務相
8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性に言及した。
「私の時に(電波停止を)するとは思わないが、実際に使われるか使われないかは、その時の大臣が判断する」

報道ステーションでの古賀氏への降板圧力があった、衆院選挙前に自民党に不利な報道をするなという圧力があった。このころから
安倍政権が何かにつけて圧力をかけるということがが顕著になり、この高市大臣の発言で、言論の自由、表現の自由を政府が規制しようとする非常に危うい流れになっている。

丸川珠代環境大臣
10日の衆院予算委員会で、福島原発事故の後、除染の長期努力目標として国が「年間1ミリシーベルト」と定めたことに関し
「当時の細野という環境相が、だれにも相談せず、科学的根拠もなく(1ミリシーベルトと)突然決めた」と発言した。
酷い発言で大臣の資質にかる。外野で下品なヤジを飛ばしているのが相応だろう。

島尻沖縄北方担当大臣
「はぼ、えー、何だっけ」と歯舞がよめなかった。
かって麻生大臣が未曾有をみぞうゆうと読んだことよりはるかに重大で問題である。
沖縄北方担当大臣であるにもかかわらず、北方4島に対する知識と関心がないということ、あり得ない失態と思う。
安倍総理の女子活躍社会も底が浅い。

あの「育休宣言」もパフォーマンスとしか思えない自民党の宮崎謙介衆院議員は妻が出産で入院中に不倫した。
マスコミから逃げ回り、説明会見もしないで派閥重鎮に土下座とは向いてる方向が違うだろう。
議員の資質なし、即刻辞任すべし。

甘利明前経済再生相
大臣を辞めるとだんまりを決め込んでいる。政治と金の問題は何も改善されていない。責任を果たすべし。

安倍総理
何かにつけ民主党政権時代を引き合いに出し安倍政権の実績を自慢する。
情けない麻生政権時代の自民党を忘れ傲慢で品位に欠ける。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

白鬚神社(しらひげじんじゃ)

    ★画像をクリックすると大きな画像が見れます
Dsc01837
Dsc01836
白鬚神社(しらひげじんじゃ)は
国史見在社国史見在社(こくしげんざいしゃ)で、六国史(「日本書紀」「続日本紀」「日本後紀」「続日本後紀」「 日本文徳天皇実録」「日本三代実録」)に記載のある神社のことである。
別称は「白鬚大明神」「比良明神」。

全国にある白鬚神社の総本社とされる沖島を背景として琵琶湖畔に鳥居を浮かべることから、「近江の厳島」とも称される。

祭神は猿田彦命 (さるたひこのみこと、猿田彦大神)。元々の祭神は比良山の神であるともいわれる。
Dsc01839
Dsc01840
Dsc01835

○与謝野寛・晶子 句碑(手水舎横)
 しらひげの 神のみまへに わくいづみ
         これをむすべば ひとの清まる

                    上の句…寛、下の句…晶子
 大正初年参拝の2人が、社前に湧き出る水の清らかさを詠んだもので、上の句は寛(鉄幹)、下の句は晶子の作である。
 大正7年(1918)京都延齢会が手水舎を再建、その記念として同年12月この歌碑を建立した。揮毫は寛の手であり、全国にある与謝野の歌碑の中で最も古い頃のものといわれる。
 Dsc01841 
                                       
○芭蕉 句碑(境内旧街道南出口付近)
 四方より 花吹き入て 鳰の湖
 この句は芭蕉47歳の時の作である。  安政4年(1857)蕉門の人たちによって建立。
Dsc01844

○紫式部 歌碑(石段上 南)
 みおの海に 網引く民の てまもなく
            立ちゐにつけて 都恋しも

源氏物語の作者紫式部が、平安時代の長徳2年(996)、越前国司として赴任する父藤原為時に従って、この地を通った時に詠んだものであり、「近江の海にて三尾が崎といふ所に網引くを見て」という詞書がある。
 昭和63年(1988)4月紫式部を顕彰し、高島町観光協会が建立。
Dsc01831
Dsc01830
                                         
○羽田岳水 句碑(石段上 三社南)
 比良八荒 沖へ押し出す 雲厚し 
羽田岳水は「馬酔木燕巣会」主宰、昭和49年の作。
 碑は平成2年(1990)5月に機関誌「燕巣」400号を記念して、「比良八講」ゆかりの当社境内に建立。
Dsc01833

○中野照子 歌碑(石段上 天満宮南)
 吹き晴れて 藍ふかまれる 湖の
  光となりて かへりくる舟
 
中野照子は滋賀県大津市出身で、「好日」編集責任者。
 中野照子歌碑建設委員会が平成16年(2004)5月に建立。
Dsc01832

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

高浜原発再稼働、、、、慰安婦像

<原発再稼働>

国民の関心が弱まるとともに、使用済み核燃料の処分方法、最終貯蔵場所など重要なことを先送りし、高浜原発の再稼働が着々と進んでいる。
トイレのないマンションを建設するのと同じとはよく言ったものだ。
電力は余り原発を必要としていない。
ただそこにあるのは、企業の金儲けしかない。危険、責任など無関係、自分の就任期間さえよければよい。
政府が問題は常に先送りするのと同じで許しがたい。

<慰安婦像>

昨年12月の日韓合意に盛り込まれた在ソウル日本大使館前の慰安婦像が、心配されていた通り、そのまま残されそうな気配だ。

日韓関係の改善と慰安婦問題の不可逆的解決というが、安倍総理のその場限りの政治的パフォーマンスと言われても仕方ない。

いつもぬるい外交で、韓国は本質的に何も変わっていない。アメリカの慰安婦像ならいざ知らず、日本大使館前の慰安婦像の移動すら確約さえることができないとは情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清原 覚醒剤、、、機動隊員自殺

清原和博元プロ野球選手が覚醒剤所持で逮捕された。
激震がはしり、ファンは彼がヒーローだっただけに一様にショックを受けているが、一方やっぱりという声も多い。
プロ野球界のスーパーヒーローも環境により自分に負けてしまう。
人間とはかくも弱いものかと思う
  ◆◆

兵庫県警の機動隊員2人が9~10月に相次ぎ自殺した問題で、県警が「パワハラやいじめといえる言動はなかった」として同僚隊員らの処分を見送ったことについて、父親の憤懣やるかたない苦悩が報じられていた。

実名を書いた遺書もあり精神的に追いつめられたことが明らかに伺えるにもかかわらず、警察は内部の失態や犯罪を常に覆い隠そうとする。
警察の権威と信頼は地に落ちて、この問題も時間とともに忘れ去られてしまう。 やりきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »