« 日本のさくら名所100選 海津大崎2 陸路 | トップページ | 熊本大地震に直面して »

2016年4月15日 (金)

日吉大社の山王祭

比叡山の麓に鎮座する日吉大社は、約2100年前、崇神天皇7年に創祀された、全国3800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮。平安京遷都の際、この地が都の表鬼門(北東)にあたることから、都の魔除・災難除を祈る社として、また伝教大師が比叡山に延暦寺を開かれてよりは天台宗の護法神として多くの方から崇敬を受け、今日に至っている。

日吉大社には約40のお社があり、全ての神様を総称して「日吉大神」と呼び、そのご神徳は
方除け・厄除け・縁結び・家内安全・夫婦和合・商売繁盛等

山王祭
延歴10年(791)、桓武天皇が日吉社に2基の神輿をご寄進されて以来1200年以上の歴史を有し、天下泰平・五穀豊穣をお祈りする山王祭は3月1日から神事がはじまり4月12日13日14日にピークを迎える。
祭礼中、山王七社の7基の神輿(1基1500kg)が登場し、桜の中、湖国三大祭にふさわしい勇壮な神事が行われます。
Dsc02339

Dsc02332

Dsc02328

Img_0519

14日の主な神事
例祭
西本宮で行われる、日吉大社年間最大の神事です。
7基の山王神輿の前で厳粛な神事が執り行われますが、この時に天台宗総本山比叡山延暦寺より天台座主が参拝され、ご神前に五色の奉幣、般若心経の読経を奉納されます。
古くより縁の深い日吉大社と延暦寺。明治以降廃絶した神仏習合の名残を色濃く残す、文化的にも大変貴重な神事といえます。

例祭の始まり
Dsc02308

天台宗座主
Dsc02307

Dsc02317

Dsc02312

延暦寺の高僧
Dsc02319

神輿渡御
西本宮ご祭神の大己貴神は天智天皇が大津京遷都の祭に奈良からお招きした神様ですが、お越しの際には琵琶湖を渡ってこられたそうで、
そのことを再現するために、14日お昼から7基の神輿は神社を出て町内を巡り、琵琶湖上へと進みます。

西本宮前の参道
Img_0538

越大津市長が先導
Dsc02358

Dsc02362

Img_0553

Dsc02363

Dsc02374

今日の琵琶湖大橋
Img_0528


|

« 日本のさくら名所100選 海津大崎2 陸路 | トップページ | 熊本大地震に直面して »

滋賀が好き」カテゴリの記事

神社、仏閣 、古木」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/63488447

この記事へのトラックバック一覧です: 日吉大社の山王祭:

« 日本のさくら名所100選 海津大崎2 陸路 | トップページ | 熊本大地震に直面して »