« 参拝すると長生きする   長命寺(ちょうめいじ) | トップページ | 見苦しいぞ、舛添、なめるな »

2016年5月 3日 (火)

5月3日、憲法の日を考える。

5月3日は憲法記念日である。1947年(昭和22年)5月3日に施行され70年になる。

日本国憲法はアメリカGHQが作ったものを押し付けられたものだが、昭和22年5月3日に施行されて以来一度も改正されていない。
それゆえ
・日本人自らが自主憲法を作るべき
・時代の変化に対応できていない、
・自衛隊の位置づけがあいまいで軍隊ではないというには無理があり、国際的評価はすでに軍隊として認識されており違憲状態といえる。
等の意見で改正論が強まっている。
しかし改正反対意見も根強く
・憲法9条のおかげで平和憲法として国際的にも評価が高い。
・戦争には絶対反対で、改正すると歯止めがなくなる。
・アメリカとともに戦争するようになる

私の意見としては
この平和憲法の下に戦後の復興と目覚しい日本の発展があったが、戦後70年も経過し中国の南沙諸島での
ごり押し、北朝鮮の核問題、アメリカの弱体化等々、世界情勢が全く変化しているため、現状にあった、また将来の日本のあり方にあわせた見直しをしてもよいのではないか。
自主憲法といえるものに改正すべきと思う。

しかしこの安倍政権下でというとそのまま改憲とは言えないジレンマがある。
機密保護法の成立、マスメディアへの圧力、さらに昨年の集団的自衛権の強行採決などを見ていると
安倍総理の焦りと独善さからその方向性に疑問があり、今改憲すると誤った選択をしかねない恐れを感じる。

それでも、アメリカ大統領選でトランプ氏を支持するアメリカ人の増加などを考えると、このまま日米安保条約の下で平和を目指していくのか、好む、好まざるに関わらず将来的にアメリカから離れて自主独立路線をあゆんでいくのか考えなくてはならなくなる時がくる。

憲法改正は避けては通れない道である。

|

« 参拝すると長生きする   長命寺(ちょうめいじ) | トップページ | 見苦しいぞ、舛添、なめるな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/63573968

この記事へのトラックバック一覧です: 5月3日、憲法の日を考える。:

« 参拝すると長生きする   長命寺(ちょうめいじ) | トップページ | 見苦しいぞ、舛添、なめるな »