« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

激震 イギリス EU離脱の新潮流

イギリスの国民投票は予想外にもEUからの離脱を選択した。

この選択が正しかったのかどうかは今は誰もわからない。
はっきり言えるのは当分あらゆる分野、場面で混乱が生じ、世界が新しい秩序を取り戻すには時間がかかるということだ。
とりわけイギリスに生じた混乱と亀裂の修復は今後の大きな課題となる。

EU残留派の75%は若者層であったというし,スコットランド地方はEU残留派が主流であったため、再度イギリスからの独立の動きを強めている。

一方EUの打撃も大きく、フランスを筆頭にEUへの不満が強かった国々にもイギリス国民投票の結果は大きな影響を及ぼした。
EU離脱への動きが強まる兆しも見え、改めてEUが結束して行くのは非常に困難な道になる。

イギリスのEU離脱の原因は難民の流入に職を脅かされ、テロなどの社会不安も強くなった結果で国民は経済より安定を選択した。

この動きはアメリカのトランプ旋風にも似たものを感じる。
世の中は変革を求めている。

アメリカでは格差社会の中で下流層が、現状の政治への不信、不満を表現する機会がなく、今まで水面下でくすぶっていたものが、トランプの出現によって、そのあらわす機会を得たことで現状打破の流れが急拡大したものと思われる。
不満を持つ国民はヒラリークリントンがオバマ大統領に代わっても政治は変わらないし不満は解消されないのに気付いた。

イギリスもしかり同様で、経済主流のEU残留の体制派では不満は継続し政治は何も変わらないと気づいたのだと思う。

世界には不満のマグマがたまっている、市場経済至上主義も点検見直しが必要なのである。

日本では参院選に突入し自民党の優勢が伝えられているが、いつ中下層の不満が表面化してもおかしくない。

安倍総理はアベノミクスを強く前面に打ち出してはいるものの実態はむなしく果実も実っていない。
福祉は置き去りにされ、年金も株価の大暴落で言い訳ができなくなるなど、
国民が不満のマグマを参院選であらわすことも十分考えられることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

撮り鉄 京阪電車 石山寺-坂本 線

Dsc01982


Dsc01987


Dsc02043


Dsc02069


Dsc02071


Dsc02073


Img_0586


Img_0590


Img_0591


Img_0597


Img_0659


Img_0695


Img_0860


Img_0864


Img_0866


Img_0888


Img_0889


Img_0892


Img_0895


Img_0897


Img_0968


Img_0979


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

拝啓 片山善博様

今回こそは東京都知事選に立候補してください。

都知事に相応しいのは貴方しかいません。

猪瀬、舛添と都知事2人続いて世界の東京を金の問題で恥をさらしてしまった。

都民は特に舛添の、せこさ、卑しさにはうんざりしてしまった。

都民、国民のこの失望感と政治に対する不信感は耐え難いものがある。

自民党の都民、国民を無視した党利党略のみの思考も我慢の限界にきている。

今、堅実で安定した、信頼できる政治が求められています。

都知事選は人気投票ではありません。素人や、未知数の人が選ばれてはいけません。

片山善博氏こそ鳥取県知事を2期、総務大臣を務め実績、知識、経験も申し分なく誠実感があります。

東京都政のバランスを回復してくれるに違いありません、

願わくば問題の急所、ざる法である政治資金規正法改正のきっかけも作ってほしいのです。

重ねてお願いします。東京都知事になってください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

6月10日は、時の記念日。  近江神社の漏刻祭

6月10日は、時の記念日です。近江神宮の祭神は天智天皇です。天智天皇は、社会に時という概念を確立された人です。
漏刻祭は、天智天皇の功績を讃えるのと、発展・繁栄・家内安全などを祈願して行われます。
本日の舞台
Dsc02533

Dsc02535
Dsc02540

Dsc02544

Dsc02546

Dsc02551

Dsc02556

神事の途中、舞楽(還城楽)が舞台で行われます
Dsc02561

Dsc02565
古代火時計
龍の背中には、長い大きな香が置かれていて、2つの鉄球をひもで吊してあります。
時を刻む事に…火でひもが切られると、鉄で出来たすり鉢状に鉄球が2つ落ち、ゴ~ンとかなり大きな音がこだまします。
Dsc02569

漏刻 水時計
16100002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

広島 とうかさん大祭

「とうかさん」は、広島市中区にある圓隆寺の総鎮守である「稲荷大明神」のお祭りで、えびす講・住吉神社祭りと並んで広島の三大祭りに数えられています。
御神体である「稲荷大明神」は法華経の守護神で稲荷を「いなり」と唱えず、音読みで「とうか」とよぶ。
「とうか大明神」は1619年(元和五年)に圓隆寺が建立されて以来三百九十余年に渡り 「とうかさん」として崇敬と親しみのうちに現在に至っています。
 「稲荷大明神」の御神体は大祭の3日間のみ(今年は6月3日4日5日の3日間)御開帳されます。
「とうかさん」は別名「ゆかたの着始め祭り」としても有名で、祭りの日を境に広島の街では艶やかな浴衣姿の女性が目に付くようになります。
祭りが繰り広げられる圓隆寺を中心とした中央通り一帯は、毎年45万人もの人出で賑わいます。
まさに広島の夏を代表するお祭りとして市民の方々に愛されています。
Img_0919

Img_0921

Img_0924


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

民族絵画 大津絵

Img61894288
大津絵(おおつえ)とは、滋賀県大津市で江戸時代初期から名産としてきた民俗絵画で、さまざまな画題を扱っており、
東海道を旅する旅人たちの間の土産物・護符として知られていた。
大津絵は寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始め、当初は信仰の一環として描かれたものであったが、
やがて世俗画へと転じ、18世紀ごろより教訓的・風刺的な道歌を伴うようになった。
神仏や人物、動物がユーモラスなタッチで描かれ、道歌が添えられている。多くの絵画・道歌には、
人間関係や社会に関する教訓が風刺を込めて表されている。

大津市役所の前の道路の歩道に大津絵が配置してあり通行人の目を楽しませている。
Img_0882

Img_0868

Img_0869

Img_0870

Img_0871

Img_0873_2

Img_0875

Img_0877

Img_0879

Img_0880

Img_0881

Img_0884

Img_0885

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »