« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

NHKがNHKをぶっこわすと主張する政見放送を流す面白さ

東京都知事選も残すところ2日、東京都民ではないが立候補者の立花孝志の主張が面白く一部共感するので
政見放送を紹介します。

「NHKから国民を守る党」 立花孝志
HPより
私はNHKから被害を受けている視聴者・国民を全力で、命がけで、お守り致します。

NHKからの3つの被害
①経済的被害者【受信料支払い者 約50%】
支払い者【不払い者の分まで支払わされている】
現在50%しか払っていないので月額2,220円、全員が支払えば月額1,110円に【年間26,640円が13,320円になる】
②精神的被害者【受信料不払い者 約50%】
24時間体制でやって来るNHK集金人【反社会勢力関係者も多数在籍】からの脅迫行為や裁判の被告になってしまうかも?という不安による精神的被害
③情報的被害者
★公共放送なのに国営放送のような放送をされている。
★反日的な報道をされている。
★福島第1原発の放射能漏れの真実を約2ヶ月間報道しなかった。
★NHK受信料制度の紹介番組を制作していない。
★野球賭博や八百長をしている大相撲を年間30億円の放送権料を支払って中継している。

まず約800【21,000人】ある全国の市議会や東京都区議会の条例で、NHK集金人の個別訪問を禁止する条例を制定する。
NHKだけ視聴できないテレビを希望する家庭には、NHKの電波を供給しない条例を制定する。【NHKスクランブル放送の実施】

★この条例を制定する事により、安心してNHK受信料を不払い出来る。安心で安全な街づくりを目指します。

★条例とは、駅前の自転車駐輪禁止、歩きタバコの禁止、兵庫県芦屋市のようにパチンコ店の出店禁止などです。

★「通報義務」と「守秘義務」の板ばさみになって、「通報義務」を優先して内部告発した人間が、退職後も働き甲斐のある職場で働ける環境を生み出します。
そして、いずれは「NHKから」をはずして、「国民を守る党」にしてまいります。

立花孝志 (たちばなたかし) プロフィール

1967年8月15日生まれ
本籍地 大阪府泉大津市
1986年 3月 大阪府立信太高校 卒業
1986年 4月 NHK入局 和歌山放送局 庶務部に配属
1991年 7月 NHK大阪放送局 経理部に異動
1992年 7月 NHK大阪放送局 放送センター(編成)に異動
1998年 7月 NHK本部報道局 スポーツ報道センター(企画・制作)に異動
2004年 7月 NHK本部編成局(経理)に異動
2005年 4月 週刊文春でNHKの不正経理を内部告発
2005年 5月 スポーツ放送権料の秘密を公開したため懲戒停職1ケ月
2005年 7月 オリンピックで裏金を作ったとして懲戒出勤停止7日間
2005年 7月 NHKを依願退職
2005年 8月 フリージャーナリストとして活動開始
2011年 11月 インターネットテレビ「立花孝志ひとり放送局」の放送を開始
2012年 9月 立花孝志ひとり放送局(株)を設立し初代代表取締役に就任
2013年 6月 政治団体【NHKから国民を守る党】代表就任
2015年 4月 船橋市議会議員選挙 初当選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発廃止の方向はどうなった。

原発に関する注目すべきニュースが2件配信された。
一つは
東電、増え続ける廃炉費用捻出できず(読売新聞)
福島第1原発の廃炉や事故処理は30~40年かかる見通しで、実際の廃炉費用は2兆円を上回る可能性があり、政府に支援を求めるというもの
もう一つは
川内原発停止申し入れへ 三反園知事(朝日新聞デジタル)
鹿児島県知事に初当選した元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓(みたぞの・さとし)氏(58)が28日、新知事に就任し、国内で唯一稼働している九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(同県薩摩川内市)の一時停止と点検を、8月下旬から9月上旬に申し入れる考えを表明したというもの

福島原発事故を受けて日本は自民党を含め原発廃止の方向に進むはずだったがいつの間にか原発再稼働の推進になっている。
政府は30年度の電源構成比で、原発の割合を「20~22%」とする目標を掲げているが、達成には全国42原発のうち30基程度の稼働が不可欠という。
国民の意思は過半数以上が原発の縮小もしくは廃止を望んでいるはずだ。

なし崩し的に原発の再稼働を進めていく政府の姿勢は公約に反し糾弾されるべきだし強く質していかねばならない。
急速にやめると経済活動に支障をきたすというが根拠がなく既得権益に固執しているに過ぎない。
目先の利益ではなく本当に将来を考えれば結論は明白である。

三反園訓(みたぞの・さとし)鹿児島県知事の意思表明は非常に意義があり国民は再度この原発再稼働の阻止に応援しなければならない。
Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

蓮の花の写真


「はす」は「蜂巣」の略。

 仏教とのかかわりが強く寺院の池また池沼に観賞用に植えられるほか水田に栽培されて食用の蓮根を作る。
散歩の途中庭先にきれいな蓮の花が咲いていた。
G_1012

Img_1016

Img_1017

Img_1021

Img_1023

Img_1028

Img_1029

Img_1027

Img_1025


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

旧竹林院 ー滋賀県大津市坂本

比叡山のふもとにある大津市坂本は、門前町として古来からおおいに栄えてきました。
一帯は国の重要伝統的建造物郡保存地区に選定されています。
なかでも里坊は、歴史の街・坂本ならではの町並みをつくっています。
里坊は延暦寺の僧侶の隠居所で、今も数多く残されています。旧竹林院は、こうした里坊のひとつで
邸内には主屋の南西に妬く3,300㎡の庭園が広がり、2棟の茶室と四阿(あずまや)があります
Dsc02631

Dsc02633

Dsc02637

Dsc02641

Dsc02645


Dsc02635


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

《天台真盛宗総本山 西教寺》

西教寺(さいきょうじ)は、滋賀県大津市坂本にある仏教寺院。天台系仏教の一派である天台真盛宗の
総本山であり、400か寺以上の末寺を有する。本尊は阿弥陀如来。
室町時代、中興の祖であり天台真盛宗の宗祖である真盛が入寺してから栄えた。
付近には比叡山の鎮守である日吉大社などがある。
信長による比叡山焼き討ちの後、近江国滋賀郡は明智光秀に与えられ、光秀はこの地に坂本城を築いた。
Saikyouji

Dsc02626

大師殿の門から琵琶湖を望む
Saikyoujidaishiden

Dsc02625

本堂(重要文化財、江戸時代)
総欅入母屋造。江戸時代 (1739)に上棟落成。正面の欄間(十六羅漢)や
須弥壇はすべて欅の素木造で江戸初期の特色を表す豪華な装飾が施されています。
ご本尊は、重要文化財の丈六の阿弥陀如来(平安時代・定朝様式)が安置されています。
Dsc02605


Dsc02623

客殿(重要文化財、桃山時代)
二列に配置された室にはそれぞれ狩野派の襖絵が描かれ、賢人の間の内仏は京都法勝寺伝来の
秘仏薬師如来座像(重文)です。
Dsc02616

屋根にいろいろな表情の護猿が配置されている
Dsc02620

明智光秀の絶世の句
Dsc02607

明智一族の墓
Dsc02609


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

近江八景「堅田の落雁」で名高い浮御堂

Hakkei_220

近江八景「堅田の落雁」で名高い浮御堂は、寺名を海門山満月寺という。平安時代、恵心僧都が湖上安全と
衆生済度を祈願して建立したという。現在の建物は昭和12年の再建によるもので、
昔の情緒をそのまま残している。境内の観音堂には、重要文化財である聖観音座像が安置されている。
Dsc02580

【阿波野青畝句碑】
 浮御堂の山門のそばに五月雨に濡れた浮御堂の美しさを詠んだ青畝の向碑が立っている。
(「五月雨の雨垂ばかり浮御堂」)

Dsc02601

本堂(観音堂)。桁裄三間、梁間三間、入母屋造、桟瓦葺
Dsc02600

Dsc02585

Dsc02596

Dsc02588

Dsc02591

浮御堂から琵琶湖大橋を望む
Dsc02592

Dsc02593

芭蕉の句碑。 鎖あけて 月さし入れよ 浮御堂
Dsc02597


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

時代の要請!!三宅洋平は当選させねばならない

山本太郎が国会で真剣に質問している姿は多くの有権者の周知となっていると思うがこの山本太郎が今度の参院選で強力に押しているいるのが東京選挙区無所属で立候補している三宅洋平氏である。

国会に、あと10人の山本太郎がいれば日本は変わる。三宅洋平は「太郎くんを一人にできない」と立ち上がった。
彼らの活動は若者の心をとらえ新しい波動を作りつつある。

三宅洋平候補の渋谷・選挙フェス、物凄い数の大群衆が集まる!2016.06.26 20:30
S_ice_screenshot_20160626165044

#三宅洋平 #山本太郎 選挙フェス@渋谷ハチ公前20160625。
Cl2ovvhuyaae699


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三宅洋平とは誰か?

長髪、ヒゲ、ミュージシャン。第24回参議院議員通常選挙、関東ブロック東京、候補者 三宅洋平。
新聞にもテレビにも映らない。一方で渋谷の街頭演説で1万人を集める三宅洋平とは一体何者なのか?

3年前の第23回参議院議員通常選挙。緑の党からの推薦を受け、比例代表で立候補したが落選した三宅の得票数は17万6970票。
これは当選した自民党の渡邉美樹氏の10万4176票や、
丸山和也氏の15万3303票より多い。社民党で唯一当選した同党幹事長の又市征治候補の15万6155票よりも
多かったが、緑の党全体の票が足りないためにあえなく落選を余儀なくされた。
全ての落選した候補者の中で最多の個人得票数であった。
・・・・・
面倒そうなことにはROMを決めこんでいる大多数の若者たちの心に、音楽と熱意というバイブス(波動)を送り、魂を直接再起動させようとしている。
ま正面から立候補してこれだけの勢いを持って挑戦しているミュージシャン兼政治家は日本では初めての人かもしれない。
・・・・・・
ヒゲと長髪はやめるべきか?僕もはじめは、ヒゲと長髪やめれば、もっと票をとれるのでは?と思ったが、彼の言うとおり、それでは何も意味がないのだ。誰もが自分らしく、自由に生きられる社会にするために、自らがその象徴として勝つために、リスクを承知で彼はあえてやっている。(Blue Soil Consulting ブログから抜粋)

20160623三宅洋平 選挙フェスDay2 JR高円寺駅北口 東京都選挙区 参議院選挙

政権放送

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »