« 原発廃止の方向はどうなった。 | トップページ | 「びわ湖大津マザレ祭り」 マザーレイクジャズフェスティバル »

2016年7月29日 (金)

NHKがNHKをぶっこわすと主張する政見放送を流す面白さ

東京都知事選も残すところ2日、東京都民ではないが立候補者の立花孝志の主張が面白く一部共感するので
政見放送を紹介します。

「NHKから国民を守る党」 立花孝志
HPより
私はNHKから被害を受けている視聴者・国民を全力で、命がけで、お守り致します。

NHKからの3つの被害
①経済的被害者【受信料支払い者 約50%】
支払い者【不払い者の分まで支払わされている】
現在50%しか払っていないので月額2,220円、全員が支払えば月額1,110円に【年間26,640円が13,320円になる】
②精神的被害者【受信料不払い者 約50%】
24時間体制でやって来るNHK集金人【反社会勢力関係者も多数在籍】からの脅迫行為や裁判の被告になってしまうかも?という不安による精神的被害
③情報的被害者
★公共放送なのに国営放送のような放送をされている。
★反日的な報道をされている。
★福島第1原発の放射能漏れの真実を約2ヶ月間報道しなかった。
★NHK受信料制度の紹介番組を制作していない。
★野球賭博や八百長をしている大相撲を年間30億円の放送権料を支払って中継している。

まず約800【21,000人】ある全国の市議会や東京都区議会の条例で、NHK集金人の個別訪問を禁止する条例を制定する。
NHKだけ視聴できないテレビを希望する家庭には、NHKの電波を供給しない条例を制定する。【NHKスクランブル放送の実施】

★この条例を制定する事により、安心してNHK受信料を不払い出来る。安心で安全な街づくりを目指します。

★条例とは、駅前の自転車駐輪禁止、歩きタバコの禁止、兵庫県芦屋市のようにパチンコ店の出店禁止などです。

★「通報義務」と「守秘義務」の板ばさみになって、「通報義務」を優先して内部告発した人間が、退職後も働き甲斐のある職場で働ける環境を生み出します。
そして、いずれは「NHKから」をはずして、「国民を守る党」にしてまいります。

立花孝志 (たちばなたかし) プロフィール

1967年8月15日生まれ
本籍地 大阪府泉大津市
1986年 3月 大阪府立信太高校 卒業
1986年 4月 NHK入局 和歌山放送局 庶務部に配属
1991年 7月 NHK大阪放送局 経理部に異動
1992年 7月 NHK大阪放送局 放送センター(編成)に異動
1998年 7月 NHK本部報道局 スポーツ報道センター(企画・制作)に異動
2004年 7月 NHK本部編成局(経理)に異動
2005年 4月 週刊文春でNHKの不正経理を内部告発
2005年 5月 スポーツ放送権料の秘密を公開したため懲戒停職1ケ月
2005年 7月 オリンピックで裏金を作ったとして懲戒出勤停止7日間
2005年 7月 NHKを依願退職
2005年 8月 フリージャーナリストとして活動開始
2011年 11月 インターネットテレビ「立花孝志ひとり放送局」の放送を開始
2012年 9月 立花孝志ひとり放送局(株)を設立し初代代表取締役に就任
2013年 6月 政治団体【NHKから国民を守る党】代表就任
2015年 4月 船橋市議会議員選挙 初当選

|

« 原発廃止の方向はどうなった。 | トップページ | 「びわ湖大津マザレ祭り」 マザーレイクジャズフェスティバル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/63983007

この記事へのトラックバック一覧です: NHKがNHKをぶっこわすと主張する政見放送を流す面白さ:

« 原発廃止の方向はどうなった。 | トップページ | 「びわ湖大津マザレ祭り」 マザーレイクジャズフェスティバル »