« びわ湖花火大会2016 | トップページ | 明智光秀像-坂本城址公園 »

2016年8月21日 (日)

芭蕉の池がある岩間寺 ボケ封じのお寺

岩間山正法寺(元正天皇勅願寺)は京都・滋賀の境にある標高443mの岩間(いわま)山頂付近にあります。奈良時代に、泰澄(たいちょう)がカツラの木で千手観音を刻み、本尊にしたのが始まりと伝えられています。
室町時代に西国三十三カ所霊場の第12番札所となって以来、多くの巡礼者が参詣するようになりました。
本尊の観音像は、人々を苦しみから救うために、毎晩136の地獄を巡るので全身から汗を出すといわれ、「汗かき観音」として、また「ぼけふうじ観音」としても広く慕われています。
 本堂横にはしっとりとした独特の趣がある古池があります。この池は、「芭蕉の池」といわれ松尾芭蕉(1644-94)が「古池や蛙飛び込む水の音」
という名句を詠んだといわれています。

Dsc02724

聖観音像はおじいさん、おばあさんがすがっている像でボケ封じ、長生きの観音様としてお参りされている。
Dsc02728


Dsc02733

雷神様が宿っていると言われる樹齢450年大銀杏
Dsc02734

本尊
Dsc02736

日本唯一 夫婦長寿桂
Dsc02738

古池や、蛙とびこむ、水の音
Dsc02745

芭蕉の池
Dsc02748

近くの奥宮神社からの眺望
Dsc02740


|

« びわ湖花火大会2016 | トップページ | 明智光秀像-坂本城址公園 »

滋賀が好き」カテゴリの記事

神社、仏閣 、古木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/64091321

この記事へのトラックバック一覧です: 芭蕉の池がある岩間寺 ボケ封じのお寺:

« びわ湖花火大会2016 | トップページ | 明智光秀像-坂本城址公園 »