« 琵琶湖の鯉釣りⅡ | トップページ | 晴天、紅葉、三井寺から皇子山スポーツ公園(滋賀県大津市) »

2016年11月 9日 (水)

世界が変わった。トランプ大統領誕生!

まさかのトランプが大差でアメリカ大統領になった。

あれだけの暴言、品性のなさ、女性蔑視など勝つ要素がないといわれ続けていたが,なぜかその都度支持率を維持していた。

アメリカ大統領選挙は、クリントンもトランプも不人気でどちらがより嫌でないかを選択する選挙でもあった。

一言でいうとクリントンが大統領になると今までと何も変わることはないが、トランプが大統領になるとひょっとしたら何かが良くなるかもしれないという判断が働いたのだと思う。

アメリカは軍事的にも経済的にも世界をリードする力が衰え、国内では一部の富裕層と、中流以下 貧困層との格差が広がる一方で、国民は不満と閉塞感が蓄積し、うんざりしていた状態だった。

そんな中、トランプは多くの国民が口には出しては言えないようなことをストレートに代弁した発言にひそかに共感していたのだろう。

イギリスがEUの離脱を決める国民投票の時も、常識的な有識者は一様に離脱することはないだろうと判断してたが一夜にして覆ったことも、根底には同様の背景があった。

不満が時間をかけて蓄積されるとある機会に一挙に噴き出す。

韓国は朴槿恵大統領の不正が発覚すると、今まで溜まりにたまった不満と閉塞感が一挙に吹き出し支持率は5%まで落ちている。

日本に目を向けてみると、
今安倍政権は支持率も高く安定しているように見えるが中流以下、貧困層の不満は蓄積し続けているように思う。
要因は、アベノミクスが停滞していること以上に、大企業優先で弱者への配慮が欠ける政策と、数を頼りの強行採決等、おごり、傲慢にも見える政策運営に不満が蓄積し続けている。

アメリカ、韓国の影響は、直接的に日本に大きな影響を与えるのは間違いなく、日本は益々独自性をもち、意思のはっきりした国にならなければならない。


|

« 琵琶湖の鯉釣りⅡ | トップページ | 晴天、紅葉、三井寺から皇子山スポーツ公園(滋賀県大津市) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/64465960

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が変わった。トランプ大統領誕生!:

« 琵琶湖の鯉釣りⅡ | トップページ | 晴天、紅葉、三井寺から皇子山スポーツ公園(滋賀県大津市) »