« トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談 | トップページ | 不可解!看過できない安倍晋三小学校  »

2017年2月19日 (日)

国指定史跡 義仲寺(ぎちゅうじ) 滋賀県大津市

義仲寺は無名庵ともいい、元暦元年(1148)に没した木曾義仲のために、巴(ともえ)御前が草庵を営み供養を続けたので巴寺と称したのに始まるとされている。
天文22年(1553)佐々木義文が木曾義仲の菩提のために建立したものとされる。

境内には木曾義仲と松尾芭蕉の墓が並んでいるので、「木曾殿と背中合わせの寒さかな」の句で有名である。現在の義仲寺は芭蕉の遺跡として訪れる人が多い。

寺内には朝日堂、無名庵、翁堂、粟津文庫が建ち、義仲公墓、芭蕉翁、巴塚があり、翁の句碑を始め
碑文が多い。

芭蕉

芭蕉は、寛永21年(1644)伊賀上野(現伊賀市)に生まれた。
元禄2年(1689)「奥の細道」の長旅を終えた芭蕉は、その疲れを癒すため、義仲寺に入った。
芭蕉はしばしばこの地を大津での居所として大津を愛し第二の故郷になった。
芭蕉は1694年大坂の旅舎でなくなる(享年51才)遺言により遺骸は義仲寺に葬られた。

Dsc03094


Dsc03091

木曾義仲の墓
Dsc03067

巴午前の墓
Dsc03085

芭蕉の墓
Dsc03070

芭蕉翁句碑 古池や蛙飛びこむ水の音
Dsc03090

芭蕉桃青の句碑 行春をあふミの人とおしみける
Dsc03089

朝日堂 義仲寺本堂 本尊は木彫正観世音菩薩。義仲公、芭蕉翁ほか併せて三十一柱の位牌が安置されている
Dsc03088

翁堂 
Dsc03084

正面祭壇に芭蕉翁座像、左右の壁上には三十六俳人の画像、天井には伊藤若冲の四季花卉の図がある
Dsc03077

伊藤若冲の四季花卉の図
Dsc03076

木曽神社
Dsc03080

芭蕉翁句碑 旅に病んで夢は枯野をかけ巡る
Dsc03072

びわこ おおつ観光インターネットチャンネル

|

« トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談 | トップページ | 不可解!看過できない安倍晋三小学校  »

滋賀が好き」カテゴリの記事

神社、仏閣 、古木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/64914520

この記事へのトラックバック一覧です: 国指定史跡 義仲寺(ぎちゅうじ) 滋賀県大津市:

« トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談 | トップページ | 不可解!看過できない安倍晋三小学校  »