« 福島原発が恐ろしいことに! オリンピックはできるか、安倍総理は逃げるな | トップページ | トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談 »

2017年2月 7日 (火)

小池都知事が誕生して6か月になる。
その人気は一向に衰えず都民の大きな支持を得ていることが伺える。

 小池百合子・東京都知事と自民党との「代理戦争」と言われた東京都千代田区の区長選においてトリプルスコアで小池知事の推す現職が圧勝した。

政界の渡り鳥、前に出すぎる態度などで評価は必ずしも高くなかったが、自民党との確執を乗り越えて都知事に当選してからは、その6か月間の精力的行動は見直されていて支持率に表れている。

その軌跡を見ると
東京五輪組織委員会の森喜朗会長とのオリンピックをめぐるバトルでは小池都知事が圧勝し、森会長は総理経験者でありながらうまくまとめられず、体面と利権にしがみついているようにすら見える。

都議会とのバトルではドンを蹴散らし自民党を追い込んでいる。

築地の豊洲市場移転問題では盛り土の問題に端を発し、地下水、さらには異常なベンゼン濃度の検出と、予断を許さない状況が続いているが小池都知事でなかったらと思うと恐ろしい。

見える化(情報公開)、都民ファーストを掲げ東京大改革を行うと宣言する。

すでに29年度予算案はメリーちゃん、ハリーちゃんというナイスネーミングでメリハリのある予算であることをアピールし、
子育て支援では保育所の整備強化、保育士の待遇改善、待機児童への金銭的支援、私立高校教育の無償化などを具体的に進めようとしている。
さらに電線地中化など違った角度からも見ている。

敵を作る手法、劇場的とかいろいろ言われてるが明らかに政治手法の流れが都民の求めるものに変わっていて合格点である。

東京大改革から地方自治体はもとより国政に良い影響を与えるのではないか、応援したい。


|

« 福島原発が恐ろしいことに! オリンピックはできるか、安倍総理は逃げるな | トップページ | トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/64860641

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 福島原発が恐ろしいことに! オリンピックはできるか、安倍総理は逃げるな | トップページ | トランプ大統領と安倍総理の日米首脳会談 »