« 琵琶湖の遊覧船ミシガンクルーズ | トップページ | 安倍政権に退陣を求める緊急デモ 2017年7月9日 日曜日 »

2017年6月27日 (火)

行き詰まった矛盾だらけの安倍総理

獣医学部はすべて認める!
この期に及んで、よくそんなことが言える、というのが国民誰もが持つ感想だろう。
何とか非を暴かれたくない一心で、苦し紛れに発した言葉と思うが、加計学園問題では矛盾だらけで常軌を逸している。
ポチ評論家の田崎史郎や御用学者の竹中平蔵が岩盤規制を打ち破る一点の曇りもない政策とピント外れの反論をいう。
本当に160人定員の加計学園がうまく行くと思っているのだろうか、
誰も岩盤規制打破が悪いと言っいるのではない、友達のために京産大を排除したことを追及しているのだ。
こそこそ逃げ回るのはやましいことがあるからに他ならない。

安倍総理は口先で丁寧に説明していくと言ってるが、要請されても臨時国会は開かないし、
加計氏は雲隠れ、萩生田官房副長官や、前川元文部次官が全体の絵を描いたキーパーソンといった和泉洋人総理補佐官は逃げ回っている。

国民から見て誰が、何が正しいのかは分かっている。まだごまかせると思っているのだろうか?

このような状況でも自民党内にいさめようとするものがいない。
唯一石破氏が控えめに正論をはいているが、麻生財務大臣などはひそかに喜び、足さえ引っ張っているように見える。
安倍総理は完全に裸の王様になり、自民党は数が多いだけで国民の為の政党にならなくなった。

しばらく大人しかった田中真紀子までダメ出しをし始める事態になっている。

|

« 琵琶湖の遊覧船ミシガンクルーズ | トップページ | 安倍政権に退陣を求める緊急デモ 2017年7月9日 日曜日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/65464026

この記事へのトラックバック一覧です: 行き詰まった矛盾だらけの安倍総理:

« 琵琶湖の遊覧船ミシガンクルーズ | トップページ | 安倍政権に退陣を求める緊急デモ 2017年7月9日 日曜日 »