« 経済産業省は 7500億の増額を隠ぺい指示 青森県六ヶ所村の使用済み核燃料の再処理工場の建設費 | トップページ | 野田聖子総務大臣 河野太郎外務大臣に期待 »

2017年7月29日 (土)

日本の政治 崩壊

【自民党】
稲田防衛大臣が日報の隠ぺい問題で追い詰められ、追い詰められついに安倍総理も見放し辞任させられた。

同時に陸上自衛隊トップの陸上幕僚長・岡部俊哉氏も、防衛事務次官の黒江哲郎氏も混乱の責任をとって辞任、退職する。

結局防衛監査も身内の調査で限界を示し,事実も分からず隠ぺいしたまま幕引きになった。

安倍総理はこのがけっぷち支持率を内閣改造で何とか持ち直したい考えのようだが、予測されている人選では目新しさはないし、
何より国民は安倍総理そのものに信用できないとNOを突き付けているのだ。加計問題の追及も続きもはや持ちなすことは出来ないだろう。

【民進党】の低迷ぶりも目を覆う

蓮舫代表が突然辞意を表明した。
自民党が自滅を続けているにも関わらず、2重国籍問題や、都議選での惨敗を受け蓮舫代表批判が露骨になり、いつもの党内の足の引っ張り合いも野田幹事長の辞任で頂点に達した。

蓮舫代表も言うように求心力が遠心力に代わり行き詰まった形の辞任となった。

民進党はこれまでも、党内がバラバラでまとまりなく内輪もめを繰り返してきた。
国民の何とか頑張ってほしいとの大きな期待をよそ眼にもはや党自体が空中分解しそうな様相を呈している。

後任として目される前原誠司や枝野幸男には民進党低落の中心人物であり新鮮味がなく期待できない。
ここは若手の玉木雄一郎が新代表になり解党的出直しを図らないとダメと思う。

かくのごとく日本の政治の現状は森友学園、加計学園問題に追われ、直面する山積する諸問題に向き合えないでいる。さらに自民党、民進党も自滅の道をたどり、もはや日本の政治はすでに崩壊状態に陥っていると言わざるを得ない。


|

« 経済産業省は 7500億の増額を隠ぺい指示 青森県六ヶ所村の使用済み核燃料の再処理工場の建設費 | トップページ | 野田聖子総務大臣 河野太郎外務大臣に期待 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/65594951

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の政治 崩壊:

« 経済産業省は 7500億の増額を隠ぺい指示 青森県六ヶ所村の使用済み核燃料の再処理工場の建設費 | トップページ | 野田聖子総務大臣 河野太郎外務大臣に期待 »