« 名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死!暗殺? | トップページ | ●ガンは治る 安保徹 《保存版》 »

2017年8月17日 (木)

日本の医療はおかしい 正しい知識を 《保存版》

最近医者は薬の出しすぎで多くの薬が破棄されているといわれ医療費増大の一因になっている。

実際平成13年度世界医薬品市場で第2位の規模で国内医薬品生産金額は約7兆円に達しているという。
問題は不適切な薬、ワクチンの使用で
厚労省が推進していた子宮頸がんワクチンは副作用の増加でその危険性が指摘され深刻な被害が相次ぎ、国は3年前に積極的な推奨を中止している。
過去にも血液製剤その他、厚労省と製薬会社の利権がらみで多くの問題が起こっているのは周知の事実である。
また医者・薬剤師が風邪薬を飲まないインフルエンザの予防注射をしないというのも関心のある人には常識となっている。
薬がいかに効かないか、副作用が多いかの証である。

安保徹先生「ワクチンは危険がいっぱい!震え上がるような怖さ!」ワールドフォーラム「統合医学を結ぶ!」公開講演会

血圧の話
血圧の薬は飲み続けると一生やめられないといわれ疑問に思い調べると驚くべきことが分かった。

世界保健機関(WHO)や国際高血圧学会(ISH)、血圧に関する米国合同委貞会(1NC)などでは140/90mmHg以上を高血圧としています。
ところが日本の
高血圧学会が策定したガイドラインでは、年齢に関係なく、一律に「上が130以上、下が85以上」なら「血圧が高い」と判断される。

血圧の基準値(正常値)が、年齢に関係なく130 mmHgとされているが、これは若者の値であって、健康な高齢者は140~150 mmHg位あるのが自然。
1987年の高血圧の基準値は180 mmHgだったのがその後、50 mmHgも引き下げて130 mmHgにし、健康な高齢者に降圧剤を飲ませていることになる。
なお、血圧は年齢とともに変化するので、本来は年齢別に基準値を作るべきなのです。

20歳の人の血圧と60歳の人の血圧が同じという事は逆に不自然、で血圧には個人差があり一律に正常値が130mgという科学的根拠は示されていない。
今や過半数の成人が高血圧と診断され降圧剤を飲まされている。
いかに利権がらみかということがよくわかる。

安保徹先生「血圧は低ければ良いってものじゃない!減塩梅干し食べてる場合じゃないです。」ワールドフォーラム「統合医学を結ぶ!」