« スマホは危険 電磁波の知識 《保存版》 | トップページ | 解散権は本当に総理の専権事項なのか?  <衆議院解散> »

2017年9月18日 (月)

急転、安倍総理 大儀なき打算の解散

私利私欲、党利党略 大儀なき解散!

色々理由は言われているが

総理は事実が明らかになれば政治生命にかかわる加計森友問題の追及からとにかく逃れたいのだ。
前原民進党は山尾志緒里問題,離党ドミノと立ち上がりから躓き、弱体化の一途、
小池百合子主導の国民ファーストも全くの準備不足、
今だったら勝てるとの判断だが,このどさくさに紛れての解散で勝ったとして

国民に意味があるのか、何か良くなることはあるのか、

後付けで大義をつけるだろうがきれいごとに過ぎない。
支持率は回復傾向というが指示できる野党がいないというやむを得ずの消極的支持に過ぎない。

解散は総理の専権事項とは言うもののこのような解散には問題が多くイギリスなどでは規制をつけている。

ここまでなりふりかまわず政治を私物化する総理はいなかった。

大義なく争点の見えない総選挙、
目論見通り自民党が勝つと思われるが、その後は加計、森友問題のみそぎも済み国民の支持を得たと
また傲慢に強引に憲法改正に突き進むのが想像できる。

国民は党ではなく人を見て、支持者がない場合は白票を投じよう。

|

« スマホは危険 電磁波の知識 《保存版》 | トップページ | 解散権は本当に総理の専権事項なのか?  <衆議院解散> »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急転、安倍総理 大儀なき打算の解散:

« スマホは危険 電磁波の知識 《保存版》 | トップページ | 解散権は本当に総理の専権事項なのか?  <衆議院解散> »