« 信楽焼のたぬき | トップページ | 「自分たちがバカにされているか否か」を問う大義なき選挙 »

2017年9月27日 (水)

抑えきれない名誉欲、権力欲、自分ファーストの希望の党立ち上げ

あれほど都政に集中するといっておきながら持ち前の上指向が抑えられず、安倍総理の解散発表の直前に新党希望の立ち上げを発表し自ら代表になった。

小池人気は今がピーク、時間がたてばたつほど下降していくのはこれまでの習いで結党は今しかないというタイミングのとらえ方はさすがと思わせる。
しかし用意周到、計算づくで、策を弄しすぎる感があるのは否めない。

【希望の党】
しがらみのない政治、国家観、世界観のなかでは日本の立ち位置は的確に捉えて言うことは素晴らしいが、やはり自分ファーストで、都知事としての実績もなく信頼感がない。

イメージ戦略が先行するのはやむを得ず見事だが政策が伴っていないのは気になる。

一度は表舞台に立つが続かない、じっくり、腰を据えて、がない、いつ自分の都合が良いように変わるかわらないし変わってきた履歴があるのも気になるところである。

新党に集結した議員も 損得で結びついてはいるが、いつまでも共感しない恐れがありもろさも秘めている。離合集散が始まりそうで目が離せない。

戦略としては良く考えられており、安倍政権に強烈なインパクトを与えて一強に歯止めをかける意味では評価できる。

世の流れとして
ほかにないからやむを得ず支持している安倍政治を見てきてこのままではいけないという空気が醸成されていた状態で小池旋風に触発され一気に流動化し政界再編につながるかもしれない期待はある。

小池都知事への忠告として

2足のわらじがはけるほど甘いものではない。都政がおろそかになるのは目に見えている。

都知事として 築地移転問題、オリンピック準備など実績を残して国政に進出するのが王道と思うがいかがだろうかか

|

« 信楽焼のたぬき | トップページ | 「自分たちがバカにされているか否か」を問う大義なき選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抑えきれない名誉欲、権力欲、自分ファーストの希望の党立ち上げ:

« 信楽焼のたぬき | トップページ | 「自分たちがバカにされているか否か」を問う大義なき選挙 »