« 選挙3態 安倍総理、小池都知事 小泉進次郎 | トップページ | 対馬が危ない 島嶼省の設置を提案 »

2017年10月31日 (火)

衆院選大勝しても森友、加計学園問題の野党追及に恐れおののく安倍総理<国会質問時間>

安倍首相(自民党総裁)が国会での野党の質問時間を削減し、与党分を増やすよう自民党に指示したという。
余りにも言うこととやることの違いに驚く。

丁寧に、真摯になどという見せかけの態度をすでに国民は知っており壁壁しているが、そこには国会で良い審議をしたいという考えなど見受けられずただただ野党の追及から逃れたい一心しか見えない。

自らが森友、加計学園問題が最大の弱点と表明しているようなものでますます野党の追及は力を増し逆効果になる。
大事なのは野党の質問にいかに真摯(しんし)に応えるかということで
国会での質問時間は審議の充実や少数意見への配慮などから、野党に厚く配分することが慣例となっている。

この『野党8、与党2』の国会質問時間の割り振りは、
そのために必要な慣習で自民党が野党時代に強力に要請して今の配分になった経緯も忘れてはならない。

佐藤勉議運委員長(自民)は30日の協議会後、記者団に「(質問時間配分の慣例は)いったんリセットする。
民主主義のルールでいくと、基準は数の論理になる」と述べたというが
100歩譲ってもそれを言うなら議員数ではなく自民党の全投票数に対する得票数の割合だろう。 

歪んだ国会運営が続き小選挙区制の弊害までも見直さねばならない議論に発展する。

決して容認してはならない。喝!

|

« 選挙3態 安倍総理、小池都知事 小泉進次郎 | トップページ | 対馬が危ない 島嶼省の設置を提案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆院選大勝しても森友、加計学園問題の野党追及に恐れおののく安倍総理<国会質問時間>:

« 選挙3態 安倍総理、小池都知事 小泉進次郎 | トップページ | 対馬が危ない 島嶼省の設置を提案 »