« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月24日 (金)

あっぱれ大阪市長 米SF慰安婦像をめぐる決断

18
D2937023s

吉村洋文市長は
サンフランシスコ市が旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像設置を受け入れたことを受けてサンフランシスコとの
姉妹都市関係を解消すると宣言した。

我が国の外交力は弱いと言われ安倍総理をはじめ政府は何かにつけ「遺憾に思う。厳重に抗議する」とバカの一つ覚えのように流す態度に壁壁していたが
「真の国際都市を目指すなら、明確に意思表示することが大阪の利益、国益になる」と述べた市長はあっぱれで強く支持したい。
(碑文の)『数十万人の女性が性奴隷にされた、ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった』という表現は、不確かな一方的な主張で日本の立場は断じて容認していないはずだ。

橋下元維新代表が何度も主張していたように、正しい史実ではなく、慰安婦を肯定するわけではないが、戦争状態であればどの国にも似たような状況があったということを冷静に受け止めるべきで、
すでに本筋から外れた反日のプロパガンダに利用されている。

過去に固執するのではなく良い未来を志向するために無視すればよいと思っていたが、いつまでも収まる気配がない状況を考えると
日本としても、史実、これまでの韓国の不誠実かつ異常な対応に、徹底した反論をすべきで逆に世界を気にしないでむしろ真実を知らしめるべく韓国との激しいバトル展開し騒ぎが大きくなればなるほど史実が明らかになっていくのではないか。
韓国(中国)の反日には強い意志で断固と闘う姿勢を貫き通すべきである。

朝日新聞は
19日付社説で、「姉妹都市 市民交流を続けてこそ」と題して、

姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない」と疑問視し、
「国が違えば人々の考え方は違う。
市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ」
ときれいごとを言っているようだが安易な批判でそのような段階ではない。

姉妹都市関係を解消しても、長年続いてきた草の根交流の根は残る。市民レベルでは引き続き良好な関係は続けることはできる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

2017紅葉 滋賀 三井寺

三井寺は、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です。平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性によって天台別院として中興され、以来一千百余年にわたってその教法を今日に伝えてきました。
Img_1274


Img_1277


Img_1279


Img_1284


Img_1286


Dsc03703


Dsc03707_2


Img_1292


Img_1293


Img_1297


Img_1300


Dsc03717


Dsc03718


Dsc03723


Img_0556


Img_0558

三井寺から琵琶湖を望む
Img_0548


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

2017紅葉 湖南三山 長寿寺

長寿寺(天台宗)は奈良時代、良弁僧正によって建立された勅願寺で、現在国宝に指定されています。
中世には源頼朝、足利氏らの祈願所となり発展しました。しかし、天正の頃、織田信長の手によって三重塔は居城である安土城へ
、楼門は栗東市の蓮台寺へと移築され、主要な建物を失いました。Dsc03707


Img_1246


Img_1248


Img_1251


Img_1252


Img_1257

弁天堂
Img_1259

Img_1262


Img_1263


Img_1264


Img_1266

鎌倉時代に建立した日本最大の石造多宝塔
Img_1267

Img_1268


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

対馬が危ない 島嶼省の設置を提案

20130928045202d29

対馬についてかねてよりの危機感を持っているが、産経ニュースが以下以下のような対馬の危機に警鐘を鳴らす記事を取り上げている。

●危機の対馬、国境の島では今も昔も外国の脅威 11月4日
産経ニュース・ 2017/11/04

●異聞『対馬』「日本全体の問題として危機意識を高めて」「戦慄が走る現実」(10月25日~11月1日)
産経ニュース・ 21 時間前

●「日本海の要塞」対馬に中国の影 不動産爆買いは時間の問題「韓国も中国も対馬欲しい」
産経ニュース・ 2017/10/30
Access_map

拙ブログでも対馬危機感についての記事をすでに9年前からに取り上げている。
〇2008年11月22日 「対馬が危ない」

要旨)近年対馬は韓国人観光客が激増し島の不動産が続々と韓国資本に買い占められていて日本人が気づかない間に、対馬は、安全保障、主権国家としての領土保全にかかわる深刻な事態にさらされつつある。

〇2009年1月22日 「対馬が危ない 領土問題を忘れるな」

要旨)日本の領土意識が希薄になっているため繰り返し領土問題は取り上げて行きたい。
かねてから対馬市の不動産が韓国資本に買収されていることが問題視されていたが、

買収された自衛隊対馬防備対本部の隣接地はリゾートホテルを営業しているが旧日本海軍の軍事施設であったらしい。
この竹敷地区は、リアス式海岸特有の地形で30を数える国土防衛の要塞が今も残っている。放置しておくと軍事関連施設跡が買収され続けかねない。

現地を訪れた国会議員に強い危機感が生まれ、領土問題と真正面から取り組む必要性を感じ、不動産売買を規制する立法措置が必要との認識が強まった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしながら政府は対馬の韓国化に対し何ら具体的対策も立てていないし真剣に活動する国会議員もいない。
竹島問題で示されるように見て見ぬふりをしているうちに完全に実効支配されてしまいかねない。

「遺憾に思う、強く抗議する」では何の役にも立たず政府のアリバイ作り、言い訳にしかならない。
最近中国も触手を伸ばし始めさらに危険な状態になっている。

悔しい思いをしながら、政府は何を手をこまねいているのか、なぜ手を打たないのかと思う国民は私だけではないだろう。
せめて外国人が日本の不動産の取得ができないようにする立法措置が必要と思う。

国土問題にまじめに向き合わないと、遠い将来、知らないうちに日本が中国化、アメリカ化している状況も考えられないことはない。
9411

日本は世界第6位(米、オーストラリア、インドネシア、ニュージーランド、カナダ)の排他的経済水域を持つ海洋大国である。
島嶼(とうしょ)省を作って大小さまざまな島や経済水域を総合的包括的にかつ継続的に考え国土や資源について管理し続けることは非常に効果的であると思うが如何だろうか

竹島問題も尖閣問題も、北海油田問題、漁業問題も、強いては北方領土問題も今と違う形になっていたに違いないと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »