« 2017紅葉 滋賀 三井寺 | トップページ | 第50回成道会(じょうどうえ)仏教徒記念大会 滋賀県大津市 »

2017年11月24日 (金)

あっぱれ大阪市長 米SF慰安婦像をめぐる決断

18
D2937023s

吉村洋文市長は
サンフランシスコ市が旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像設置を受け入れたことを受けてサンフランシスコとの
姉妹都市関係を解消すると宣言した。

我が国の外交力は弱いと言われ安倍総理をはじめ政府は何かにつけ「遺憾に思う。厳重に抗議する」とバカの一つ覚えのように流す態度に壁壁していたが
「真の国際都市を目指すなら、明確に意思表示することが大阪の利益、国益になる」と述べた市長はあっぱれで強く支持したい。
(碑文の)『数十万人の女性が性奴隷にされた、ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった』という表現は、不確かな一方的な主張で日本の立場は断じて容認していないはずだ。

橋下元維新代表が何度も主張していたように、正しい史実ではなく、慰安婦を肯定するわけではないが、戦争状態であればどの国にも似たような状況があったということを冷静に受け止めるべきで、
すでに本筋から外れた反日のプロパガンダに利用されている。

過去に固執するのではなく良い未来を志向するために無視すればよいと思っていたが、いつまでも収まる気配がない状況を考えると
日本としても、史実、これまでの韓国の不誠実かつ異常な対応に、徹底した反論をすべきで逆に世界を気にしないでむしろ真実を知らしめるべく韓国との激しいバトル展開し騒ぎが大きくなればなるほど史実が明らかになっていくのではないか。
韓国(中国)の反日には強い意志で断固と闘う姿勢を貫き通すべきである。

朝日新聞は
19日付社説で、「姉妹都市 市民交流を続けてこそ」と題して、

姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない」と疑問視し、
「国が違えば人々の考え方は違う。
市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ」
ときれいごとを言っているようだが安易な批判でそのような段階ではない。

姉妹都市関係を解消しても、長年続いてきた草の根交流の根は残る。市民レベルでは引き続き良好な関係は続けることはできる。


|

« 2017紅葉 滋賀 三井寺 | トップページ | 第50回成道会(じょうどうえ)仏教徒記念大会 滋賀県大津市 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっぱれ大阪市長 米SF慰安婦像をめぐる決断:

« 2017紅葉 滋賀 三井寺 | トップページ | 第50回成道会(じょうどうえ)仏教徒記念大会 滋賀県大津市 »