« TVの電子音に警告 | トップページ | 籠池夫妻はいまだに独居房!? »

2018年1月28日 (日)

世の中の価値観が捻じ曲げられようとしている。モリカケ問題のさらなる追求を

確定申告の時期に入り佐川国税庁長官更迭の要求が益々強くなっている。
誰が見ても100%違うと思う佐川前理財局長の国税庁長官への昇進を
安倍総理は適材適所の人事という。
まさに安倍総理自身にとっての適材適所であろう。

佐川国税庁長官は就任挨拶も避けた。よくよく異例の背景があることが伺える。どの面下げてということだろう。
佐川理財局長の国会での数々の発言、答弁がことごとく嘘であったことは明々白々になってきている。
破棄したはずの 交渉記録が次々と見つかり音声データもあった。

選挙が終わり年が変わり国民はそのうち忘れるだろう、やれやれ逃げ切れたと思わせてはならない。

森友、加計問題に続き新たにスーパーコンピューターへの補助金、融資問題がおかしいとの追及が始まっている。
改めて徹底した真相追及をしなければならない。

いつまでもモリカケ問題を、もっと重要な問題の審議をという声もあるが、安倍総理が真実を明けらかにすれば一瞬で終わる問題である。
真相が明らかになればこのような問題は起こらなくなる。

このままでは国民のあきらめムードは助長され、正しい政治、行政は行われるべくもない。
Images


1


2993


|

« TVの電子音に警告 | トップページ | 籠池夫妻はいまだに独居房!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中の価値観が捻じ曲げられようとしている。モリカケ問題のさらなる追求を:

« TVの電子音に警告 | トップページ | 籠池夫妻はいまだに独居房!? »