« ウーマンラッシュアワーのTHE MANZAIを絶賛 | トップページ | TVの電子音に警告 »

2018年1月11日 (木)

あっぱれ! 小泉元総理の『原発ゼロ』

Images_3

小泉純一郎元首相が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」は10日、国会内で記者会見し、
「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子案を発表した。

小泉元総理は2013年8月にフィンランドにある核廃棄物の最終処分場「オンカロ」を見学して以来積極的に日本を脱原発の方向に転換させようとしている。

「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」は稼働中の原発の即時停止や再稼働禁止などを盛り込み、自民党を含めた全政党に賛同を呼びかけた。

小泉氏は「近い将来、原発ゼロは国民多数の賛同で実現する。国会で議論が盛り上がれば国民は目覚め国民運動の動きが出てくるまで粘り強く諦めない。」と語った。

骨子案は、自然エネルギーの電力比率を2030年までに50%以上、50年までに100%に引き上げるとしている。

安倍政権は原発を「ベースロード電源」と位置づけ、30年度の原発比率を20~22%に設定して基準に適合すると認められた場合は再稼働を進める」としている。

小泉元総理は、
安倍総理は公約で『原発依存度低減』と言いながら、「これからも基幹電源にすると。よく恥ずかしくないな、と思う」と批判。

今の安倍総理を見ていると得意の利権がらみと、長期政権延命のための今さえよければという近視眼的経済向上策にしか見えない。

世界の趨勢は自然エネルギー転換へのシフトが急速進進んでいる。

特にメルケル独首相は、被爆国であり福島事故を経験した日本がなぜ脱原発をしないのかと発言する一方自然エネルギー化の技術開発を進め世界をリードするようになっている。今後の大きな成長戦略になっていくと思われる。

本来日本が自然エネルギー推進の先進国として世界をリードすべきであったが
安倍総理は加計学園の獣医学部が成長戦略だなどと的外れなことを言い世界から大きく後れを取る結果となってしまっている。

青田惠子さんの作品
福島県南相馬市出身 滋賀県大津市に避難中
Img_0028

Img_0027


|

« ウーマンラッシュアワーのTHE MANZAIを絶賛 | トップページ | TVの電子音に警告 »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/66265487

この記事へのトラックバック一覧です: あっぱれ! 小泉元総理の『原発ゼロ』:

« ウーマンラッシュアワーのTHE MANZAIを絶賛 | トップページ | TVの電子音に警告 »