« 書かずにはいられない。大谷投手パーフェクトピッチングで2勝目 | トップページ | 書かずにはいられないアホウ大臣。 »

2018年4月12日 (木)

安倍総理見苦しさ極まれり。

国会を見ていると安倍総理の見苦しさに国民は皆政治にうんざりしていると思う。

安倍総理は息を吐くように嘘を言い、国民は、政治家は都合が悪い時には平気で嘘を言う事が当たり前になったと思わされる。
柳瀬元総理秘書官は,首相案件と述べた愛媛県の担当者との面会メモが発覚しても,記憶による限り会ってないという。
愛媛県知事が忘備録に記録されているといっても総理まで関知しないという。

安倍内閣の閣僚は誰も信用できない。嘘を言わざるを得ない状況に追い込まれているともいえる。

国民は森友学園問題で、いくら関与を否定しようとも、本丸は昭恵夫人に秘書までつけて政治活動をさせていた安倍総理だということに気付いている。
そして又
安倍総理は友達加計案件について何も指示していないというが、表面的に指示するわけがなく水面下で指示するにきまっていてこれも国民は知っている。

今年から18歳新成人に選挙権が与えられたが安倍政権の国会運営を見ていると政治に参加した最初から政治への失望感を植え続けられることになる。
その意味でも罪は深い。
又政治を2年近くも停滞させている政治的責任においても責任を取らねばならない。

|

« 書かずにはいられない。大谷投手パーフェクトピッチングで2勝目 | トップページ | 書かずにはいられないアホウ大臣。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理見苦しさ極まれり。:

« 書かずにはいられない。大谷投手パーフェクトピッチングで2勝目 | トップページ | 書かずにはいられないアホウ大臣。 »