« 膿は安倍総理? 愛媛県新文書で波乱の終盤国会 | トップページ | ふくろう 梟 »

2018年5月26日 (土)

大谷翔平選手に見る日本人の矜持

5月26日、エンゼルスとヤンキースの試合開始前、アメリカ国家が流された。
アメリカ選手は一律に胸に帽子をあてる姿勢、大谷選手だけが直立したままで、演奏が終了後軽くお辞儀をした。
いわゆる日本人流の態度を示し、非常に共感を覚えた。
胸に手を当てる姿勢は、日本人にはなじまなく、特に女子サッカーなでしこの選手が全員胸に手を当てて国家を聞く姿には なんとなく違和感を感じていた。

常々、日本人の気質として、特に海外に行くと、気後れするのか、郷に入っては郷に従えなのか、何事にも
外国人の真似をするところがあるように思う。

過日、ダッグアウトで外国人選手は皆ひまわりの種をあたりかまわず吐き出していたが、大谷選手だけがもっている紙コップに口から出している姿がアメリカでも称賛されていた。

良いマナーが身についていて、1塁塁上で小さなごみを拾う姿にも称賛が集まっていた。

メジャーリーグの選手が、ガムをくちゃくちゃ噛み、唾をぺっぺぺっぺと吐き出すしぐさ、ヒマワリの種をぺっぺぺっぺと 吐き出すしぐさに常々不快感を持っていたのは私だけではないだろう。

しかし、大谷選手は違っていた。大谷選手のマナーの良さは色々な場面に現れ称賛されている。

マナーの良さ、しぐさの好感度はやはり万国共通のものだと改めて実感した。
大谷選手がアメリカ人のマナーにも好影響を及ぼしていくような気がする。

大谷選手の野球のずば抜けた能力は今や誰もが認めるところとなっているが、野球を通してと思うがさらに素晴らしいのは
若くして何ものにも媚びず、自信や誇りを持ちながら自らの生き方を貫く彼の矜持である。
日本人として誇らしい。
2018041500121362fullcount0005view

20180404_shoheiohtani_luisvalbuena_


|

« 膿は安倍総理? 愛媛県新文書で波乱の終盤国会 | トップページ | ふくろう 梟 »

素晴しき日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷翔平選手に見る日本人の矜持:

« 膿は安倍総理? 愛媛県新文書で波乱の終盤国会 | トップページ | ふくろう 梟 »