« 5月5日こどもの日に考える。 | トップページ | 大谷翔平選手に見る日本人の矜持 »

2018年5月22日 (火)

膿は安倍総理? 愛媛県新文書で波乱の終盤国会

驚愕の内容の文書が中村愛媛県知事から提出された。
2015年2月25日に、加計理事長と安倍総理が面談し理事長から大学獣医学部について説明を受けた安倍首相からいいねのコメントがあったというもの。
これまで加計学園の獣医学部設立の意志を知ったのは2017年1月20日と国会で強弁していた。
加計理事長とのずぶずぶの関係から誰が聞いても嘘と推測できること平気で嘘を言っていたのである。

安倍総理をはじめ柳瀬元総理秘書官の国会答弁が口裏を合わせた虚偽であったことがはっきりと明白になった。
都合が悪いことはすべて隠す、嘘を言うという国民をなめきった対応だった。

これまで膿を出し切る、丁寧な説明をする、とどれだけ聞いてきたか。言葉のみが空虚に響き国民はうんざりして政治への信頼感を失っていった。
まさに息を吐くように嘘を言うとはこのようなことだろう。

そもそも私と妻の昭恵が森友学園に関与していたら総理、議員を辞めると、うその発言をしたことから始まり、2年近く国会を空転させてきた罪と民主主義の根幹を揺るがす国会運営を行ってきた罪は大きい。

そして終盤国会を迎え、明らかに大企業側に立った働き方法案とカジノ法案を十分な審議をしないまま、これまでの手法と同様に数の力で強行採決をしようとしている。
そこには労働者、生活者、弱者からの視点がなく、企業資本、強者の論理を優先したスタンスは大いに問題としなければならない。

安倍政権は日本の美徳であった、正義感、誠実さ、謙虚さを壊し続けているのではないか。

関係ないように思ええるかもしれないが、間接的に権力の傲慢さが、世の中の風潮、価値観と国民の意識まで変えかねない。
伊調選手のパワハラ問題、日大アメフトの悪質タックル問題、数々のセクハラ問題、いずれも権力者の傲慢と勘違いから発生しているといえる。

安倍総理はこの期に及んでも加計学園の理事長との面談を否定している。

奢れるものは久しからず。

安倍総理には悪あがきをしてこれ以上醜態を晒してほしくない。引き際はきれいしないとこれまでの業績も台無しになってしまうことに気付くべきだ。

|

« 5月5日こどもの日に考える。 | トップページ | 大谷翔平選手に見る日本人の矜持 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 膿は安倍総理? 愛媛県新文書で波乱の終盤国会:

« 5月5日こどもの日に考える。 | トップページ | 大谷翔平選手に見る日本人の矜持 »