« 死刑制度を考える | トップページ | 日本は今、正直、公正の石破元幹事長を求めている。 »

2018年8月 6日 (月)

山根終身会長、スポーツ界、権力者の理不尽

いま、日本のスポーツ界に何が起こっているのだろう。不祥事が次々露呈される。

アマチュアボクシング協会山根会長の、助成金不正流用、奈良判定と言われる不公正判定、過剰な忖度、もてなしは、とても現実に今起こっている事とは信じがたい。

その他、日大の田中理事長、アメフト部内田元部長、女子レスリングでは至学館大学の谷岡学長、栄元監督。

共通するのは権力を握った者の自己本位な発想、パワハラ、更には利権がらみがあり、自らの非やうしろめたさを隠すための嘘が付きまとう。
正々堂々と公の場で発言するどころか逃げ回り見苦しい。
許しがたいのはいずれも主役のスポーツ選手たちが被害者で人生を左右されかねないと言ってもいいほどの扱いを受けている。
田中理事長山根会長は即刻辞任すべきだ。

スポーツ界に限らず強者が弱者を支配する競争社会が、いたるところで行き過ぎの弊害をもたらしているのかもしれない。日本社会に理不尽さが蔓延し、あきらめムードさえ感じる。

唯一アメフトの宮川選手は自分の非を認め謝罪した姿勢には好感が持て
いつの場合のも正しい事を主張し、ダメなものはだめと主張する勇気は持たねばならない事を感じさせてくれた。

|

« 死刑制度を考える | トップページ | 日本は今、正直、公正の石破元幹事長を求めている。 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山根終身会長、スポーツ界、権力者の理不尽:

« 死刑制度を考える | トップページ | 日本は今、正直、公正の石破元幹事長を求めている。 »