« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月24日 (月)

大津駅前オープンモール2018

大津市ではJR大津駅から琵琶湖に向かう中央大通りやびわ湖の景観がスイスのジュネーブに似ていることから湖を生かしたまちづくりをジュネーブ構想と称し推進している。
その一環として9月24日にオープンモールが開催された。
Img_150_2


Img_151


Img_1154


Img_1156


Img_1157


Img_1153


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

安倍三選。興味は政権がいつまで続くかに移った。

モリカケ問題をものともせず、異端勢力を次々排除し、マスコミを押さえつけ、総理の任期を剛腕で変更し三選に導いたのはさすがと思う。
共同通信社の調査によると安倍内閣が取り組むべき課題は、
年金、医療介護が最多で41.1%、憲法改正は7.2%と国民の意思と総理の意思に大きな乖離があるのは,今後の
内閣の寿命を縮める要因になる。

今回の総裁選の結果は石破氏の得票が予想を超えて多かった。

奢れるものは久からず、さすがの国民もこれ以上安倍の一強が続くのを良しとしない気持ちが自民党党友、議員までに伝わって総裁選の結果にあらわれた。
国民投票であったら決して三選はなかった。

この選挙を通じて気になったことが二点。
麻生のあの不遜な態度はどこから来るのかわからないが、マスコミ対応を見ていると国、国民を良くしようという意思が微塵も感じられない。逆に国益を害しているのではないかとすら思える。

その麻生を重用して続投させようとする安倍は同類なのか?

もう1点、あの人気の小泉進次郎の存在感が急によわくなった。
小泉進次郎の目指すところに邁進しその発言力に国民は期待をいだいていた。しかし、今回支持候補を明らかにせず、国外逃亡を図っていたのには失望する。

総理への道を色々考えているのだろうが打算は見えてしまう。日本の置かれている状態を見れば急がば回れではないが自分の、日本の、内閣の、防衛の、外交の、あるべきところを発信すべき機会であったと思う。

参院選に向け自民党内も様々な動きが予想されるが、何よりも野党は小異で争っていないで大同で政権の受け皿を作らないと消滅する危機感を持ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

矢作直樹先生の「健やか塾」にいってきた。

矢作直樹先生の関西第2回「健やか塾」が9月15日(土)『気持ち、衣食住』というタイトルで京都のちおん舎で
開催されました。東大病院の臨床医であったときに「人は死なない」という霊と肉体に触れた本を出版されセンセーショナルな話題を呼ばれました。
日々健やかに過ごすためにという演題でしたが、健康面からの切り口から医療、科学、歴史、政治、さらには臨死体験、スピリチュアルな世界まで、世の中を俯瞰しその本質に迫る素晴らしい講演でした。
Dsf9748_2


Img_1132

プロフィール
昭和31年横浜市に生まれる。
昭和56年金沢大学医学部卒業後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験する。
平成11年東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、
同工学部精密機械工学科教授兼担。

平成13年より東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および
同医学部附属病院救急部・集中治療部部長。

平成28年3月31日、任期満了退任。
Tyosyo2_3


Tyosyo_2

著 書

『人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索』バジリコ
『「あの世」と「この世」をつなぐお別れの作法』ダイヤモンド社
『医師が考える死んだらどうなるのか? 終わりではないよ、見守っているよ』

PHP研究所
『魂と肉体のゆくえ 与えられた命を生きる』きずな出版
『天皇』扶桑社
『「いのち」が喜ぶ生き方』青春出版社
『ご縁とお役目 臨床医が考える魂と肉体の磨き方』ワニブックスPLUS新書

『悩まない あるがままで今を生きる』ダイヤモンド社
『日本人のお役目』ワニブックスPLUS新書
『おかげさまで生きる』幻冬舎
『世界一美しい日本のことば』イースト・プレス
『見守られて生きる』幻冬舎
『生き惑う人へ』河出書房新社
『変わる』ダイヤモンド社
『人生は、約束』光文社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

近江富士 三上山 御上神社

Img_1113
国指定重要文化財 御上神社 楼門

Img_1115


Img_1116
国指定重要文化財 御上神社 拝殿

Img_1121


Img_1122
国宝 御上神社 本殿

Img_1119


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

第23回 大津100円商店街

商店街の活性化の一環として菱屋町商店街、長等町商店街、丸屋町商店街などの商店街が9月1日、1日限りの100円商店街が開催された。100円均一の商品が満載で商店街の各所でイベントも開催され約3万人の人出でにぎわった。
Poster

買い物やイベントを楽しむ人の波
Img_1098

無料ジャズライブ
Img_1104


Img_1099

ブームの将棋イベント
Img_1106

人気の100円寄席
Img_1107


Img_1096


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »