« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。

太郎坊宮、阿賀神社、通称「太郎坊さん」  勝運の神 ご祭神は天照大神の第一皇子。
標高350mの赤神山の中腹に、約1400年前に創建された。鎮座地の赤神山は巨岩が露出し、見るからに神秘的な神宿る山で、天地万物を崇め自然の営みに感謝する神道の教えである磐座信仰の地である。
中健次郎先生は矢作直樹先生(元東大医学部教授)に本物の気功家と紹介され、温かい人柄とインド中国などの自己の体験談を交えた分かり易い指導法は大人気。
気功の神髄は天と地の気、広大な宇宙の気につながり体の緊張から解放され、本来の自分、あるがままに気づくことであると感じた。
<看破放下>真相を見極め、執着を手放すことにより、心、気、体、霊性のバランスが取れる。Img_1290


Img_1284


Img_1283


Img_1285


Img_1278


Img_1281


Img_1282


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

甲賀 櫟野寺の観世音菩薩座像 33年に1度の大開帳

滋賀県甲賀市で 櫟野寺の観世音菩薩座像の 33年に1度、重文で国内最大の観音座像の大開帳が始まった。
観世音菩薩座像は頭と胴体を1本の木から彫り出す一木造り。台座も含めて高さが5.3mと国内最大。

Img_1248


Img_1249


Img_1247


Img_1246


Img_1251


Img_1252

櫟野寺の隣の民家 コスモスが美しい
Img_1255


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

第10回大津ジャズフェスティバル2018

Jazz

10月13(土)、14(日)の2日間 第10回大津ジャズフェスティバル2018が京阪浜大津駅・JR大津駅周辺、のべ25会場で開催された。
なぎさ公園お祭り広場をメインステージに大津港特設会場、ビアンカ船上JAZZクルーズ、その他協会、酒蔵
など色とりどりの会場で2日間午前11時から午後6時まで大津の街はJAZZであふれ、JAZZファンにはたまらない2日間であった。

Img_1232
京阪浜大津駅前通路

Img_1222
スカイプラザ浜大津7F 「響き」

Img_1234
「響き」から見下ろしたびわ湖 左端と右端にも別会場

Img_1224
旧大津市公会堂

Img_1230
ライブハウス

Img_1236


Img_1237

Img_1238
大津港特設会場

Img_1240


Img_1241
お祭り広場

Img_1243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

滋賀 箱館山 コキアパーク

箱館山は冬はスキー、夏はユリ園、秋はコキア、ススキと滋賀のレジャースポット。眼下に広がる琵琶湖の美しさはまさに絶景です。

コキア(ほうき草)の鮮やかな緑色をした葉っぱは、秋になると真っ赤に紅葉してひと味違う美しさを見せてくれます。因みに「とんぶり」は、コキアの実から作られます。

Img_1563_2


Img_1196_2


Img_1198_3


Img_1200_2


Img_1568_2


Img_1570_2


Img_1573_2


Img_1574_2


Img_1581_2

Dsc04015


Img_1204_2

Img_1586
左の半島は桜の名所海津大崎 右の小さな島は竹生島、奥のとがった山が伊吹山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

がん治療に朗報ー免疫力こそガンを直す      本庶佑氏ノーベル医学生理学賞受賞

01honjo_topics

本庶さんがノーベル賞受賞後の初公演で「各自が持っている免疫細胞を強化すればガンは抑えられる」と述べた。

氏の受賞内容はガン治療において
1 外科手術、
2 抗がん剤治療
3 放射線治療  に続き
第4の治療法として ガン免疫治療薬 オブジーボを開発し、従来の治療法では効かない患者にも効果があることである。

本庶さんは「治療を中心とする医療は超高齢化社会に対応していない。もっと予防に注力するべき」、とも述べ、がん治療の方向性を示した。
がんは克服できる病気になる日は近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内閣改造評価せず45%

安倍内閣改造の評価は概ね、在庫解消内閣、お友達内閣、論功行賞内閣、うたい文句とは裏腹に女性いない内閣
憲法改正内閣等といわれている。

共同通信社の緊急電話世論調査によると

・内閣支持率 支持 46.5%(前回47.5%) 不支持 38.2%(40.0%)

・内閣改造人事  評価する 31.1%  評価しない 45.2%

・麻生副総理兼財務大臣の留任 良かった 33.5% 良くなかった 51.9%

・憲法改正案の提出 賛成36.4% 反対 48.7%

結局国民意向無視の自分勝手な内閣が続くのだろう。終わりの始まりかもしれない。
Plt1810020075p1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »