« 甲賀 櫟野寺の観世音菩薩座像 33年に1度の大開帳 | トップページ | 「乱読」で世界広がる喜び »

2018年10月30日 (火)

太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。

太郎坊宮、阿賀神社、通称「太郎坊さん」  勝運の神 ご祭神は天照大神の第一皇子。
標高350mの赤神山の中腹に、約1400年前に創建された。鎮座地の赤神山は巨岩が露出し、見るからに神秘的な神宿る山で、天地万物を崇め自然の営みに感謝する神道の教えである磐座信仰の地である。
中健次郎先生は矢作直樹先生(元東大医学部教授)に本物の気功家と紹介され、温かい人柄とインド中国などの自己の体験談を交えた分かり易い指導法は大人気。
気功の神髄は天と地の気、広大な宇宙の気につながり体の緊張から解放され、本来の自分、あるがままに気づくことであると感じた。
<看破放下>真相を見極め、執着を手放すことにより、心、気、体、霊性のバランスが取れる。Img_1290


Img_1284


Img_1283


Img_1285


Img_1278


Img_1281


Img_1282


|

« 甲賀 櫟野寺の観世音菩薩座像 33年に1度の大開帳 | トップページ | 「乱読」で世界広がる喜び »

心と体」カテゴリの記事

神社、仏閣 、古木」カテゴリの記事

健康 病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。:

« 甲賀 櫟野寺の観世音菩薩座像 33年に1度の大開帳 | トップページ | 「乱読」で世界広がる喜び »