« 太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。 | トップページ | 滋賀 湖南三山 国宝常楽寺  »

2018年11月13日 (火)

「乱読」で世界広がる喜び

現在72歳。この歳になって読書の喜びに浸っている。

市の図書館が近くにあり、一度に15冊を3週間借りられる。

興味のある本を5冊ほど借りていわゆる乱読をする。まず“はじめに”を読み、目次に目を通し、その後に“おわりに”を読む。
これで大体どんな本かが分かる。

そして、最も興味をもった章から読み進めていく。
「良い」と感じた本は、結局最初から最後まで読む。あまりひかれるものがなくても、1か所でも、一言でも心に残れば、私の読書は成功だ。

本の良さは、新しい知識や感動、体験に出会えるところにある。

何より著者が長年にわたって研究し、紡ぎあげたことに数時間、数日間で出会えるのが良いと思う。

芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹さんが書いた小説は、内容が素晴らしく印象に残った。

今は、村上和雄・筑波大名誉教授が著した「生命のバカ力」を夢中で読んでいる。

小説、思想、宇宙、歴史、芸術など新しいものに出会い、自分の世界が広がる喜びは何物にも代えがたい。

筆者投稿 11月11日 京都新聞に掲載

|

« 太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。 | トップページ | 滋賀 湖南三山 国宝常楽寺  »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「乱読」で世界広がる喜び:

« 太郎坊宮(滋賀・阿賀神社)で中健次郎先生の気功講習会に参加した。 | トップページ | 滋賀 湖南三山 国宝常楽寺  »