« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

脱原発の元小泉首相を評価  小泉元首相「安倍さんでは無理だ」

小泉元首相は2013年フィンランドにある核廃棄物の最終処分場「オンカロ」を見学して以来、
原発は「絶対安全、コストは一番安い、クリーン」という3大大義名分が全部うそだと分かった。反省を込め、脱原発の講演を行っているという。

1月31日神奈川新聞のインタビュウを受けた小泉元首相について記事が掲載された。
以下引用
安倍政権が「成長戦略」として進める原発輸出政策については「トルコでもベトナムでも英国でもみんな断られ、八方ふさがり。破綻している。原発は衰退産業なのに成長産業にしようというのは、どうかしている」と批判。再生可能エネルギーの普及に加え原発4基の再稼働で電力供給力が底上げされ、太陽光発電の出力制御を何度も行っている九州電力に対しては「よくこんなばかげたことをやっている。あきれている」と酷評した。
引用終わり

世界の趨勢に逆らう成長戦略など有り得ない。再生可能エネルギーの推進こそ成長戦力と思うが逆方向に向かっている。30年代には原発ゼロにするといった自民党の公約も忘れてその場限りの愚策を繰り返している。

小泉元首相は脱原発は政治決断で可能だが、今なお汚染水垂れ流しという危機にもかかわらず、原発再稼働に向け動く安倍総理では無理
というのは当然で今こそ野党が共闘して脱原発に舵きることは可能で参院選での大同団結が求められる。

早く脱原発に舵を切らないと後悔することになるかもしれない事が怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

台湾旅行 中部台中市にある彩虹村

寒い日本を抜け出し台湾に行ってきた。
特にインパクトがあり印象に残ったのが台湾中部台中市にある彩虹村です。

たった一人で「彩虹眷村」全ての絵を描いたのは黄永阜というお年寄りです。国民党の兵士として共産党と戦った後台湾に渡り、ここに住んでいた黄さんは2008年、趣味としてこの村に絵を描き始めたそうで現在94歳ですが元気です。
非常に色使いが鮮やかで、絵もユーモアがありこの村にいると元気で明るい気持ちにになります。
おすすめスポットです。
Img_1652


Img_1661


Img_1662


Img_1660


Dsc04059


Img_1654


Img_1656


Img_1657


Img_1658


Img_1659


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年

森本哲郎の随想を取り上げた記事に興味をひかれた。

Mikyway

地球のある太陽系は銀河系の端に位置している。その銀河系宇宙は約6万光年の直径を持った薄い円盤状のようなものでどの位大きいかと言うと
月から地球に光が到達する時間は1秒強
太陽から地球に光が届く時間は約8分
また
太陽系(太陽とその惑星)はなんと時速160万kmの速度で銀河系宇宙を回っている。

その太陽系が銀河系宇宙を1周するのに2億年かかる。宇宙には銀河系と同様な銀河が無数に点在している。いかに宇宙が理解しがたいほど広大なのかがわかる。

2億年を1宇宙年と置き換えてみると地球ができたのが20年前(40億年前)
6年前ぐらい前に地球上に原始生物が出現し恐竜の出現は1年前(2億年前)になる。

人間の出現は 1.8日前で30分前に都市を作り始めた。

宇宙年の時間尺度では文明の全過程は1時間ちょっと前に起こったに過ぎない

かくも広い世界を時々考えることは精神衛生上よいという。
自分たちが今くよくよ考えたり日常生活のこまごましたことがいかに些細なことであるか思わず吹き出したくなるという。

感想としては地球の人類は皆1家族という発想もできる。
地球上の争いをなくすための入口かもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

強気の韓国文在寅に弱腰安倍政権

連日、韓国駆逐艦による日本の哨戒機への火器管制用レーダー照射事件の報道が続いている。
日本のEEZ(排他的経済水域)で起きた事にも関わらず安倍政権の弱腰対応に我慢ができない。

アメリカやロシアだったら韓国駆逐艦は撃沈されても仕方ないといわれるぐらいのありえない事件である。

一連の報道を見る限り、誰が見ても明らかに韓国の非があるにも拘わらず、稚拙な嘘で逆に日本に謝れという。

一部専門家が言っているように、日本の哨戒機に見られては困る場面だったため、追い払うためにレーダー照射をしたというがその通りに違いない。

韓国の特長として、相手国が自国よりも下だと思った場合、横柄な態度に出て振舞う傾向が強いという。

文在寅は安倍政権は遺憾の意を表すだけで何も出来ないとなめられきっている証で、時を移さず反撃しないと韓国は頭に乗った行動を続ける。
直ちに経済制裁するなり韓国大使を一時帰国させる等、韓国の困る対応をとるべきだ。

日韓が激しく対立している“徴用工問題”もしかり

文在寅は年頭会見で「日本政府は(徴用工)問題について、もう少し謙虚な姿勢を持たないといけないと思う」と日本を非難した。

これに対しすぐにでも猛抗議すべきところ、日韓協議を要請したがこの弱腰対応もなめられる要因になる。

日韓関係は時の韓国大統領の政権維持に利用されることもあり、また約束を破るのが平気な国柄であることから非常に悪い関係が続いている。

慰安婦問題も未だ日本国大使館前の慰安婦像は撤去されないし、竹島問題もことあるごとに蒸し返される。
安倍総理は
日本国民の嫌韓意識も高まっており、これ以上の屈辱は我慢できない事を認識すべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »