« 時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年 | トップページ | 脱原発の元小泉首相を評価  小泉元首相「安倍さんでは無理だ」 »

2019年1月29日 (火)

台湾旅行 中部台中市にある彩虹村

寒い日本を抜け出し台湾に行ってきた。
特にインパクトがあり印象に残ったのが台湾中部台中市にある彩虹村です。

たった一人で「彩虹眷村」全ての絵を描いたのは黄永阜というお年寄りです。国民党の兵士として共産党と戦った後台湾に渡り、ここに住んでいた黄さんは2008年、趣味としてこの村に絵を描き始めたそうで現在94歳ですが元気です。
非常に色使いが鮮やかで、絵もユーモアがありこの村にいると元気で明るい気持ちにになります。
おすすめスポットです。
Img_1652


Img_1661


Img_1662


Img_1660


Dsc04059


Img_1654


Img_1656


Img_1657


Img_1658


Img_1659


|

« 時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年 | トップページ | 脱原発の元小泉首相を評価  小泉元首相「安倍さんでは無理だ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行 中部台中市にある彩虹村:

« 時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年 | トップページ | 脱原発の元小泉首相を評価  小泉元首相「安倍さんでは無理だ」 »