« 森友事件と残された謎に迫る元NHK記者 相澤冬樹氏 | トップページ | 時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年 »

2019年1月12日 (土)

強気の韓国文在寅に弱腰安倍政権

連日、韓国駆逐艦による日本の哨戒機への火器管制用レーダー照射事件の報道が続いている。
日本のEEZ(排他的経済水域)で起きた事にも関わらず安倍政権の弱腰対応に我慢ができない。

アメリカやロシアだったら韓国駆逐艦は撃沈されても仕方ないといわれるぐらいのありえない事件である。

一連の報道を見る限り、誰が見ても明らかに韓国の非があるにも拘わらず、稚拙な嘘で逆に日本に謝れという。

一部専門家が言っているように、日本の哨戒機に見られては困る場面だったため、追い払うためにレーダー照射をしたというがその通りに違いない。

韓国の特長として、相手国が自国よりも下だと思った場合、横柄な態度に出て振舞う傾向が強いという。

文在寅は安倍政権は遺憾の意を表すだけで何も出来ないとなめられきっている証で、時を移さず反撃しないと韓国は頭に乗った行動を続ける。
直ちに経済制裁するなり韓国大使を一時帰国させる等、韓国の困る対応をとるべきだ。

日韓が激しく対立している“徴用工問題”もしかり

文在寅は年頭会見で「日本政府は(徴用工)問題について、もう少し謙虚な姿勢を持たないといけないと思う」と日本を非難した。

これに対しすぐにでも猛抗議すべきところ、日韓協議を要請したがこの弱腰対応もなめられる要因になる。

日韓関係は時の韓国大統領の政権維持に利用されることもあり、また約束を破るのが平気な国柄であることから非常に悪い関係が続いている。

慰安婦問題も未だ日本国大使館前の慰安婦像は撤去されないし、竹島問題もことあるごとに蒸し返される。
安倍総理は
日本国民の嫌韓意識も高まっており、これ以上の屈辱は我慢できない事を認識すべきである。

|

« 森友事件と残された謎に迫る元NHK記者 相澤冬樹氏 | トップページ | 時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/67582814

この記事へのトラックバック一覧です: 強気の韓国文在寅に弱腰安倍政権:

« 森友事件と残された謎に迫る元NHK記者 相澤冬樹氏 | トップページ | 時には無限大の宇宙を考えよう。2億年は1宇宙年 »