« 原発の無い社会へ びわこ集会2019 | トップページ | 満開 三井寺、疎水の桜 »

2019年3月31日 (日)

習近平一帯一路と安倍政権

一帯一路とは中国習近平が進める現代版シルクロード経済圏構想
L_bit201805221645571354
今後、数十年かけて、これらの地域に道路や港湾、発電所、パイプライン、通信設備などインフラ投資を皮切りとして、金融、製造、電子商取引、貿易、テクノロジーなど各種アウトバウンド投資を積極的に進め、当該経済圏における産業活性化および高度化を図っていくプログラムのことである。
その一帯一路にイタリアが参加した。中国が金にものをいわせ港湾整備に2兆5000億円支援するという。
EUへの進出と将来の軍事拠点化を狙っているのでここでもアメリカと対立することになる。
南西諸島の埋立軍事拠点化もこの布石であったことが想像できる、(この点ではオバマ元大統領の無策がくやまれる。)
中国は尖閣諸島も太平洋への出口として狙っており日本が無策でいるといずれ中国に取り込まれる。
このように習近平は50年100年を見据えた総合的包括的戦略進めている。
それに反比例するように加速度的に日本の地位が低下する恐れがある。
色々気がかりな数字がある。 
幸せの国ランキング日本は3ランクダウンで54位。、世界の大学ランキング東大42位(ips細胞の山中伸弥博士があと10年もするとノーベル賞受賞者が出なくなる。との警告を発している。「報道の自由度ランキング」で日本は11位もランクダウンし、まさかの72位となった。せかいの経済成長率ランキング(2017年最新)では147位、先進国30ヶ国中、貧困率が4番目に高い日本 、2016年 子供の貧困率ランキング34位
、日本の子どもの貧困率14.9%という数値は35カ国のうち9番目の高さで日本の国力低下は加速している。
安倍総理は民主党政権時代は悪夢と非難し、都合が良い数字をあげ(これとて統計に圧力?)狭い視野で自分の成果を強調している場合ではないのである。
そして得意とされる外交面でも何一つ成果が出ていない。
アメリカ、中国、ロシアに対しては得点をゲットしたという記憶はないばかりか、いつもやられっぱなしという感じ、韓国に対しても嫌がらせを受け続けていて御することもできない。拉致問題も放置したままである。
安倍総理は政治は結果というがその意味では減点しかない。
国の有り様、将来ビジョンを国民に見せることが出来るとも思えない。

ひたすら国力が衰退していくことが懸念される。

|

« 原発の無い社会へ びわこ集会2019 | トップページ | 満開 三井寺、疎水の桜 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発の無い社会へ びわこ集会2019 | トップページ | 満開 三井寺、疎水の桜 »