« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

れいわ新選組の山本太郎に期待。

56942424_306262816717914_857400020320229


れいわ新選組の山本太郎が今の政治を変えてくれるかもしれない。

小沢一郎の自由党から離れ4月にれいわ新撰組を立ち上げて以来寄付金が2億円を超えたので
参院選に10人擁立するという。
短期間でこれだけの寄付金を集めるのは異例で、それだけ共感し支援する人が多いといえる。

他の政党に良く見られる人気だけで擁立する候補者と違い、今の社会の現実、真実、真相を浮き彫りにするような
候補者を選んでいる。

拉致家族の蓮池透氏に続き2人の擁立記者会見が行われた。

東大教授の安冨歩氏、
生きづらい世の中を変えるには子供中心の社会に変えなければならない。今のエコノミクスと称する枠組み
脱却しない限りは地獄は続く

障害者の木村英子
今のバリアフリーは一般社会から区別をしており真のバリアフリーではない。
身障者は65歳になると一般老人の枠組みに入れられ生きることさえできなくなる現状。
是非国会の場で身を晒し知らしめたい。

とにかく動画を見ていただきたい。

「れいわ新選組」から参院選出馬を表明(2019年6月27日)東京大学東洋文化研究所教授

れいわ新選組、蓮池氏・安冨氏に続く参院選の候補予定者を発表(2019年6月28日)

山本太郎の命を懸けた活動から今回は何かが変わるかもしれないと思わせるものがある。寄付などを通じ積極的に
応援したい。

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

茶番、党首討論のナンセンス

政治に失望し諦めているが、それでも1年ぶりの党首討論、藁をもつかむ気持ちで見たがやはり為の(議論のための)議論はナンセンスであった。

国民が聞きたいと思うことに応えるのが党首討論と思うが与野党ともまったく国民を忘れ党利党略のみしか感じられなかった。

安倍総理は元々やりたくない討論、まともに答えないはぐらかしの答弁をするとそれだけで時間が終わる。

野党も現在の立場からのどん底の必死さが感じられず半ばあきらめているようだ。

何故45分という短い時間なのか、まともに議論ができないのはやる前からわかること、

マスコミも終わってからあれやこれや批判するが全く日本の政治は茶番極まれりである。

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

NHK なぜ国会中継をしない

安倍総理への忖度か、はたまた恫喝を恐れるのか


安倍政権は国会審議をしようとしないし、国民が関心の的である


年金では将来2000万円不足するという問題の国会中継もされない。


日本はできるだけ国民に政治を知らせないようにするといわれても
仕方ない。


麻生大臣は出たとこ勝負、その場しのぎ、政治家の矜持を持ち合わせていないらしい。


日本の副総理でいいのか? いつ辞める?


因みに日本は世界の報道自由度ランキング 67位 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

麻生アウト、安倍アウト  老後2000万円不足報告書を受け取らない

Images

余りにも杜撰でひどい、


麻生は自分の考えを持たないのか
手のひらを返したように老後2000万円不足という金融庁の報告書を受け取らないという。


およそ一般社会では通用しないことがまかり通る安倍政治。


麻生はこれまでもエラー続きで2軍落ちどころか戦力外通告を受けてもおかしくない。
それでも安倍総理は自分の為に数を持つ麻生を使い続けている責任は大きい。


二階幹事長など老人たちが政権をささえ、金融庁を悪者にしようとする。

日本の地位は世界から落ち続けている。

それでも参院選で自民、安倍政権を勝たせるのか?


バカにされ続けている国民は良く考えなければなくてはならない。

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

安倍政権の会期延長と山本太郎のれいわ新撰組

安倍総理がスーパーシティ何たら法案の審議の為にと、国会の会期延長をほのめかし解散風を吹かし始めている。
いつもながら政治を私物化する姿勢はいただけない。
拉致家族問題、韓国との関係悪化、ロシア北方領土問題の行き詰まり、アメリカトランプとの忖度外交等々日本の抱える問題は多様化複雑化している。
そんな中でもっと日本の将来を見据えた政治が必要のはず。

 

核兵器禁止条約に 日本が署名しなかったり、カナダでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、海のプラスチックごみ削減の数値目標を盛り込んだ「海洋プラスチック憲章」への署名を拒否したり安倍政治のちぐはぐさはこの上ない。

 

結局消費税増税はどうするつもりだろうか、増税しても、やめても非難されるのは間違いない。

 

海外からはポスト安倍を意識し始めているように見える。

 

衆参ダブル選挙になる可能性があるが戦後最長の政権になる可能性は阻止しなければならない。自民党安倍政権を勝たせてはいけない。

 

今新しい可能性として山本太郎の令和新選組に注目している。
行動力、発信力のある山本太郎は小沢一郎の自由党から独立し、このままでは

 

日本が壊れる、人が壊れる今何とかしなければと訴え命がけの戦いをしている。

 

4月に令和新撰組を立ち上げて以来15000万円の寄付が集まり119人の立候補者の申出がある。
3億円の寄付金が見えてきて10人の立候補者を考えているとのこと。

 

大きなうねりになる可能性がありぜひ応援したい。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

尾道千光寺と浄土寺山展望台~鞆の浦

大宝山権現院千光寺(せんこうじ)は広島県尾道市にある真言宗系の単立寺院。本尊は千手観音。
境内からは尾道の市街地と瀬戸内海の尾道水道、向島等が一望できる。

Img_1774

 

800pxsenkoji_onomichi16s3872

 

1530598660_1ll

 

Img_1772

 

Img_1775

 

Img_1781

 

Img_1787

 

Img_1785

浄土寺山から望む

Img_1759

 

Img_1762

 

Img_1768

 

Img_1764

Img_1757


 

鞆の浦
Dsc04132

 

Dsc04135

鞆の浦から仙酔島への渡船(海賊船風)

Dsc04120
鞆の浦 日の出前
Img_1792

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)と艦船めぐり

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)は
戦前・戦後の呉市における船舶製造技術を主たる展示内容で、
旧日本海軍の超大型軍艦「大和」の建造と軍事活動が中心となっている。

実物の10分の1サイズの戦艦大和の模型
Img_1840

 

Img_1839

 

ゼロ戦
Img_1842

“人間魚雷”回天10型、特殊潜航艇「海龍」
Img_1844

 

艦船めぐり

About_20

Img_1829

Img_1831

Img_1836-2

Dsc04183_1

Dsc04177_1

Img_1828

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

てつのくじら館 海上自衛隊呉史料館

てつのくじら館は潜水艦を体感できるユニークな史料館です
潜水艦「あきしお」全長76m 重量2250t を巨大クレーンで地上に吊り上げ展示されていて中に入ることができます。

Img_1846
操舵室
Img_1849

Img_1847
潜望鏡 実際に覗いてみることができます。
Img_1851

Img_1848
無人ヘリコプター
Img_1852

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »