« NHK なぜ国会中継をしない | トップページ | れいわ新選組の山本太郎に期待。 »

2019年6月20日 (木)

茶番、党首討論のナンセンス

政治に失望し諦めているが、それでも1年ぶりの党首討論、藁をもつかむ気持ちで見たがやはり為の(議論のための)議論はナンセンスであった。

国民が聞きたいと思うことに応えるのが党首討論と思うが与野党ともまったく国民を忘れ党利党略のみしか感じられなかった。

安倍総理は元々やりたくない討論、まともに答えないはぐらかしの答弁をするとそれだけで時間が終わる。

野党も現在の立場からのどん底の必死さが感じられず半ばあきらめているようだ。

何故45分という短い時間なのか、まともに議論ができないのはやる前からわかること、

マスコミも終わってからあれやこれや批判するが全く日本の政治は茶番極まれりである。

|

« NHK なぜ国会中継をしない | トップページ | れいわ新選組の山本太郎に期待。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK なぜ国会中継をしない | トップページ | れいわ新選組の山本太郎に期待。 »