« 第一印象 内閣怪造で日本は大丈夫か | トップページ

2019年9月20日 (金)

百花繚乱ニッポン×ビジュツ展に行ってきた<京都文化博物館>

百花繚乱ニッポン×ビジュツ展に行ってきた
まさに百花繚乱スバらしい展示会だった。
近年、世界の日本に対する関心と好感度の高まりに
昔からある日本人の能力の高さ、情操の豊かさに
改めて感心し誇らしい気持ちになった。

 

画像は拡大してご覧ください。

最も印象に残ったのは
、仙台藩第7代藩主伊達重村の娘順姫用の女物の駕籠でが伊予宇和島藩第6代藩主伊達村壽に嫁いだ際に用いられたゆかりの品
黒漆に金蒔絵の絢爛豪華でお姫様用に駕籠の中は美しい絵で飾られている。
背中をもたれるクッションとひじ掛けが付いていて至れり尽くせりの仕様で嫁入りの行列が偲ばれる。
Img_2057 Img_2058Img_2060 そのほか、源平合戦図屏風
江戸時代前期(17世紀)
紙本金地着色 屏風装(六曲一双)である。
源平合戦の中でも有名な一の谷合戦を右隻に、左隻に屋島合戦を描く。
右隻には平家の陣屋の後方から攻め入ろうとする、源義経によるいわゆる「鵯越の逆落とし」の場面や、熊谷直実と平敦盛による「敦盛最期」のシーンが描かれる。
2Img_2069_2 左隻には陣屋に攻め入る義経軍と海上に逃れる平家の軍勢とが、陸上と海上に対峙する屋島合戦の模様を描く。所狭しと金雲をあしらい、極彩色と繊細なタッチで兵士一人一人の表情まで丹念に描き、見る者を魅了する。
Img_2071Img_2072 以下
風神、雷神などの襖絵
Img_2051Img_2050 葛飾北斎広重らの浮世絵 
Img_2067Img_2065 相馬の古内裏 歌川国芳
Img_2044 日本刀の美しさ
Img_2048 江戸時代中期
幕末の薩摩藩主島津斉彬が着用したと伝えられる大鎧。
Img_2047 鯱形兜
Img_2045 伊藤若冲の《象図》は何か最後まで余韻が残った。
Img_2040

 

 

 

|

« 第一印象 内閣怪造で日本は大丈夫か | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一印象 内閣怪造で日本は大丈夫か | トップページ