« 韓国の親日派YouTuberが日本に帰化する理由 | トップページ | 桜を見る会を安倍総理独断でやめるな »

2019年11月11日 (月)

首相のさくらを見る会は実は首相後援会の恒例行事だった。

安倍政権の施政は目に余るものがある。
れいわ新選組の山本太郎をはじめ政権打倒を訴える有識者も増え続けている。
2019.11.8 参院予算委員会で田村智子議員が首相を追及した動画がある。
要旨は
首相主催の桜を見る会の経費と招待客が増え続け、予算の3倍以上5500万万円以上が支出され来年度の予算はさらに増額要求されている。
特に招待客が激増している理由は安倍総理の地元の後援者がなど大挙招待され税金を使って首相の後援会活動を行っている実態が浮き彫りになった。
首相は 明快に答弁できずはぐらかし逃げるばかりで紛糾した。

|

« 韓国の親日派YouTuberが日本に帰化する理由 | トップページ | 桜を見る会を安倍総理独断でやめるな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国の親日派YouTuberが日本に帰化する理由 | トップページ | 桜を見る会を安倍総理独断でやめるな »