« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月27日 (金)

森友事件で自死した赤木さんの奥様を応援しよう。

なんとしても奥様の願いを実現させてあげたい。
そうでないと日本の正義はなくなってしまう。

yahoo!ニュースより https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20200327-00170032/

森友事件で自死 財務局職員の妻がネットで再調査求める署名活動開始
相澤冬樹 | 大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者 森友事件取材中に首になった)

以下抜粋
「私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!」
ーーーーーーーーー
やむを得ず、私は、2020年3月18日、夫がなぜ自死に追い込まれなければならなかったのか、その原因と経緯を明らかにするため、国と佐川宣寿さんを被告とする民事訴訟を提起しました。
ーーーーーーーーー
安倍総理や麻生財務大臣は再調査はしないと仰っています。私は「この2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではないと思います」というメモを発表しましたが、それでも再調査が実施される見通しは現在のところありません。

このままでは夫の死が無駄になってしまいます。
ーーーーーーーーー
代理人弁護士「お金ではなく賛同の署名を」 署名の募集は以下のサイトで行っています。

http://chng.it/yBNFhJG97G

余りにも反響が大きかったため
文春編集部は急先週号の記事「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開『すべて佐川局長の指示です』」の全文について、文春オンラインでの無料公開を始めた。発売中のメイン記事を無料で全文公開するのは文春史上初めて。

https://bunshun.jp/articles/-/36896

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

安倍総理の大罪 「すべて佐川局長の指示です」森友事件で自殺した財務省職員「遺書」

Subscription_appeal 文春オンラインから
「すべて佐川局長の指示です」森友事件で自殺した財務省職員「遺書」入手という記事が報じられた。


 


誰もが予想された内容だったが、さすがに自殺した財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)の直接的な実名の書かれた手記を目の当たりにして、本当に誠実で国を思う気持ちの中川さんの無念さを思うと胸が締め付けられ涙が出る。
こみあげる怒りを抑えきれない。


 


日本はなんという国になってしまったのだろう。隠ぺい、嘘、改ざんを何とも思わなくなったのか、


 


全ては安倍総理と夫人昭恵の嘘から始まった。
その嘘に大臣麻生が加担して財務省が真実に反する虚偽の答弁を貫いた。理財局以下役人すべてが巻き込まれいわゆる「最後は下部がしっぽを切られる」
という事で「僕の契約相手は国民です」という真面目な公務員を死に追い詰めてしまった。


 


元理財局長佐川も糾弾されるべきである。
そこまで虚偽答弁を続けて、安倍が、こわいのか、忖度してまで地位が大事なのか、ほしいのか、
昇進して嬉しいのか、
本当に自分を許せるのか? 「すべて佐川局長の指示です」という赤木さんの手記をよく読めと言いたい。


 


夫人昭恵も許し難い。平気で嘘をつき続ける、桜を見る会でも性懲りもなく、反社とつながり平然としている。


 


小沢一郎氏はツイッターで
”こんなにも醜い政権が未だに続いているということは、日本という国が壊れつつある証拠。頭が腐れば、全部腐る。一つの役所が総理次第でここまで腐る。命さえ奪う。でも総理はみんな忘れると思っている。国民が笑って許したら、それは国民の責任。政治のレベルは国民で決まる。”


 


まさに許してしまった国民の責任も大きい。
安倍総理は一刻も早く、コロナウィルスの時だからこそ、辞めてもらわねば何らない。そのために何の行動が起こせるか考えたい。


 


文春オンライン(写真も掲載されています。)
https://bunshun.jp/articles/-/36667


 


| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

安倍総理の大罪② 消費税増税、アベノミクスの失敗

Images_20200315170601
WHOがコロナウィルス感染のパンデミック宣言を出して先行きの見えない不安が世界を覆った。
世界経済も大打撃を受け,株の大暴落、リーマンショック級の恐慌の瀬戸際である。

アベノミクスの失敗が拍車をかけ令和不況も必至の状況となっている。安倍総理の経済認識は甘く、10~12月のGDPの改定値が年率7.1%減にも拘らず、失敗を認めようとはしないで、日本経済は、緩やかな成長過程と国民を欺く。

多くの反対を押し切り実施した消費税増税は明らかに国民消費を冷えこませ、コロナウィルスの影響もあって令和恐慌に陥りつつある。

さすがに自民党議員にも危機感を覚え、3月11日 ,安藤裕議員ら若手議員らが、経済への影響を最小限に食い止める必要があるとして、政府に提言した。
提言では、消費税をゼロにするほか、30兆円規模の補正予算案を編成することなどを求めていて、財源は国債の発行で捻出するとしています。
れいわ新選組の山本太郎の消費税0政策、大規模財政出動政策が今更の様に浮かび上がる。山本太郎氏は誰が言い出したかは今は問題ではなく実行することが重要と懐深い考え方を示している。

一環して安倍総理を批判している国民民主党の小沢一郎は
国民年金資金の運用の失敗に対して次のようにTwitterで発信しているので引用する。
「安倍政権になって、株価対策として年金資金が使われている。その額は既に81兆円。仮に日経平均が1万6千円程度まで下がれば、2019年3月末比で26兆円もの国民の年金が消失することになる。慎重な意見もあったのに、安倍政権は押し切った。「危ないとは思ったが、やはり間違いでした」では済まない。

安倍総理、何でもよく見せようとするのではなく謙虚にならなければ、コロナウィルスも経済恐慌も乗り切れない。

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

コロナウィルス対応 称賛 つくば市 五十嵐市長 、大阪府吉村知事 

安倍総理がパニック的に唐突に小中高の一斉休校を要請して、大混乱に陥っている中、つくば市の五十嵐立青市長が市民に心を寄せ、素晴らしい判断の対応をされているのでシェアします。
以下つくば市ホームページより引用
Content_dho07_sdgs_02
ーーーーー
首相より3月2日より全国の学校を休校する要請が出されたことを踏まえ、つくば市では、緊急で対応を協議しました。
仕事を休めない保護者の皆様の対応を考慮し、感染防止策を講じたうえで準備期間として3月5日までは通常登校といたします。なお、出席することに不安がある場合には、登校しなくても欠席扱いにはなりません。

3月6日から3月24日までは臨時休業としますが、登校は可能です。
教員が対応しますが授業は実施せず、自主学習となります。開校している時間は8時00分から15時00分までです。放課後に当たる時間帯は通常どおり学童保育を実施します。
給食は3月5日まで通常どおり提供することとし、3月6日以降については、3月2日に行う希望調査に基づき、希望された方に用意いたします。
対応の詳細については、3月2日に通知を配付します。

市立保育所、児童館、幼稚園、学童保育は通常どおり行います。

今後この方針に変更があるときや必要な情報については随時お知らせいたします。状況は刻一刻変化し、ご不安な時期かと思いますが、つくば市では、子どもたちと保護者の皆様が安心して過ごせるようできる限りの対応を行っていきます。
感染拡大防止に向けて、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

つくば市長 五十嵐 立青
つくば市教育長 森田 充
---------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪府の吉村知事も府民目線で同様に素晴らしい判断をし地に足のついた施策を実施し
府民に信頼されている。子供の居場所は学校で引き受けることに大阪府民で良かった、吉村知事で良かったの声が上がっている。
Plt1812040037p1

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »