« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月26日 (日)

金正恩死去 美南新聞が報道

ここの所金正恩氏が最重要行事を欠席して「重病説」が流れていたが
「異変」を告げる第一報は、米CNNテレビが4月20日に流したものだった。
北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長が手術を受けて重篤な状態にあるという情報があり、米政府が状況を注視している。

Kk

美南新聞:アメリカ南部ヒューストンの中国新聞社であるようです。
北朝鮮の最高指導者である金正恩は冠状動脈バイパス手術の失敗により死亡しました。4月23日(韓国時間)死去 36才
昨年10月 脂肪吸引手術
4月12日 心臓手術失敗
4月15日 脳死状態
4月15日 与正と北国家保安部が米に他界に関する親書を送付
となっている。
現在信頼の厚かった妹与正氏が中心になっているようだ。
Img_e6a20b1c192ac1041486eb631df93e151135

22日に美南新聞が金正恩の死去報道したが、その他の報道が続いていないので真否は未確認である

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

安倍政権の無能、無策ぶりが露呈 4月月例経済報告で景気「急速に悪化」

政府は4月月例経済報告で景気「急速に悪化」と発表。
コロナで壊滅的とコロナのせいと言わんばかりであるが、何を今更という感じ。
藤井京大大学院教授が半年前の消費税増税後にすでにこの状況を予見し尚且つ政府の発表する各種数値を示し裏付けてその都度警告し続けていた。にも拘らず最近まで緩やかな回復が続いていると発表していた。
藤井教授は最近でもとんでもない落ち込みが予測され消費税凍結など思い切ったインパクトのある対策を取らなければならない。安倍の言うV字回復とは何の根拠もなく希望的観測を
しているうちは日本は沈没してしまう。
安倍政権は安倍政権はいつでも良く見せようという思惑と、先の予測が全く甘く対策が
後手後手に回っている所以である。コロナ対策もしかり、後手後手でしかもちまちましている。
安倍はすでにうつろで的確な経済対策も、コロナ対策もできそうもない。
二階幹事長などはすでに安倍の次を考え始めた。
闘う大学教授 藤井聡 

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

安倍のマスク 466億円むだに

Oip2OipjvrhcdkpOipv3i2iksy
安倍のマスクの話題は尽きることないが結局466億円は無駄遣いになる。
何しろ誰も評価するものなく安倍総理一人が使用しているだけで内閣、国会議員誰も使用していない図は滑稽にさえ見える。
やっと配布が始まったがサイズが小さくウィルスに対して使用効果がないうえ、不良品が混在しているとか。
布マスクは多くの国民の間で手作りしている。
通常のマスクは市場に出回り始めていて、各自治体では独自で確保して市民に配り始めているところも多い。
布マスクを70%は使用しないという調査があったが到着するころにはもう誰も使用しないという結果になるかもしれない。
裸の王様ではないが笑いものになるような愚策がなぜ実現したのか不思議だ。
何よりも税金の無駄づかいを認めて愚策を謝罪してほしい。

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

「戦後最大の危機」に臨んで混乱ぶりが際立つ安倍晋三 吉村大阪府知事を見習え

Oip

「戦後最大の危機」に臨んで安倍晋三首相の混乱ぶりが際立っている
安倍を操っているのは森友問題にも関与しているらしい今井総理補佐官と言われている。総理が無能だと、権力官僚がのさばる例は過去にもあった。
総理がバタバタとしてしっかりした指示を出すの能力がない。そのため医療現場でも国の方針が二転三転するため困惑し混乱が起きている。医療崩壊が次々と発生している。マスク、防護服すら不足し医師、看護師の相次ぐ感染、そして感染者、一般患者のたらい回し。命を落とす危険が増大している。
コロナ感染撲滅のための基幹部分が崩壊しては終息は望めない。 
家でお茶を飲み犬とくつろいている場合ではない。どこまでも世の中でなにが起こっているか見えてない。

緊急時ほど個人の資質が現れるというが、若くても頑張っている大阪の吉村知事の爪の垢でも煎じて飲んだ方がいい。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

もう待てない、死んでしまう 安倍が総理で国民は不幸

安倍総理のあまりに優柔不断で決断力のなさに不満が爆発し始めた。

結局何をやったらいいのかの判断がつかないとしか思えない。
緊急事態宣言を発して1週間、唯一の決断マスク2枚も届いていない。
医療従事者のマスクですら困っているという。結局まだ何も変わていない、国民8割近くが遅いというわけである

緊急事態宣言を出した7都市をはじめ各県の知事が政府はもうあてにできない、と独自の個人、家庭、事業者への救済策を打ち出し始めた。

こうなると政府の存在感がなくなり安倍総理が知事の足を引っ張ているような構図になる。

あらゆる方面から指摘されていた個人一人当たり10万円支給するという案が本来なら
政調会長の岸田さんが取りまとめるところ二階幹事長の一喝でやっと検討するという。
いつまでたっても検討検討でまた遅くなる。今までの対策がひどすぎるのでこれから何をやっても批判されるだろう。
それだけ国民は安倍総理には不信感と能力不足を感じている。

それでも国民の声が大きくなればなるほど動かざるを得なくなるようなので全員が声を上げ続けなければならない。

安倍が総理で国民は不幸だがこの状態にしたのも国民であることを反省し当面あらゆる選挙で自民党批判票を投じよう。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

なんとパン消費量日本一の都市は滋賀大津市

Town20190731164019総務省統計局の家計調査で、全国の都道府県庁所在市と政令指定都市を調べたところ、大津市は「パンの消費量第1位」という結果になったという。
パンというと神戸市、京都市のイメージが強いが大阪市も抑え大津市が一位とは大津市民もびっくり。
何かと京都大阪に比較されて尻込みをするような思いをすることが多かった滋賀大津市民にとってなんとなく優越感を感じられる結果である。

何故という疑問がわいてくるがはっきりした理由は分からないというが
①手軽な値段でパンが買える
②小さいころからパンに親しんでいる。因みに14歳以下の子供の比率が他都市より高く
子育て世代の若い母親も多いといえる
③アメリカ文化が根付いている。戦後アメリカ軍の駐屯地があったことも影響している野ではないか
という事が考えられるという。

大津市の皆さん。日本一の琵琶湖と共に大いに誇りましょう。


| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

びわ湖疎水から長等公園の桜が満開

びわ湖疎水から長等公園を散策した。
今年も変わらず美しい花を咲かせてくれる桜が
コロナウイルスで沈みがちな気持ちを晴らしてくれる。
永平寺 78代住職 宮崎奕保禅師
の話の中に
「自然は立派、法にかなったのが大自然
時が来たらちゃんと花が咲き褒められても褒められなくても黙って去っていく」というのがある。
自然に寄り添うのがいい。
Img_0128
Img_0127
Img_0129
Img_0130
長等公園
Img_0134
Img_0135
Img_0133
Img_0131
Img_0137

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

安倍総理の大罪④ 小泉元首相やめろ勧告

総理はコロナ対策で大胆な、かってない、躊躇なくなど大風呂敷を広げるが言葉だけで具体策がない。
何も実現してるように思えない。
何しろ緊急時に必要なスピード感覚が全くない。
いまか今かと待っていたら過去に前例のない異次元の対策?布マスク2枚配布との発表があった。
国民が喜ぶと思ったら大ブーイング。
エイプリルフール?恥ずかしい、世界の笑いものになるから海外に流してほしくない、など
と非難続出。しかも 
WHOが新型コロナウィルス対策で発表した 文書に
『布製(綿やガーゼなど)のマスクはいかなる状況かであっても推奨しません。』と笑い話にもならない。

緊急時にその政府の実力が出るものだ能力がないことが判明した。
あれだけの人数を抱える自民党だが衆知を集めない上に、判断力がなく、決断力もなく
挙句の果てに布マスク2枚配布、費用対効果も見えず何が今必要かの対応ができない。

生活に困窮する家族に30万円支給するというが具体策が見えない。自己申告というから2~3か月後になるかもしれない。今困っている人が続出していて自殺者が出るかもしれない緊急対策のはず。

国民は安倍政権を信頼できなくなっている。一刻も早く交代すべきだ。
日に日に安倍やめろコールも高まっている。

折しも週刊朝日に報道された
小泉元首相が安倍首相の森友問題や「桜を見る会」について語り「安倍さんは辞めざるを得ない」と昨年続き引導を渡す勧告があった。
安倍辞めろコールが国民的に高まるだろう。早く辞めてほしい。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »