« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月29日 (水)

アメリカが本気で中国排除に舵を切った。

近年の中国の覇権主義には目に余るものがありアメリカは中国コロナの問題と知的財産を脅かし続ける中国に本気で排除する方向に舵を切った。すでにハーウェイの排除を決めイギリスも同調している。
加えてトランプは大統領選を控えて国内向けには中国をたたいて点数稼ぎをするという意味合もある。
トランプは
ヒューストンの中国領事館を知的財産を盗み取る拠点であるとして、排除を通告したが中国も報復として成都のアメリカ領事館の閉鎖を決めた。しかし中国習近平は三峡ダムの決壊の危機や、いたるところでの洪水の拡大、さらに習近平への不満が増大しその地位も危ぶまれるという窮地に陥っている。
南沙諸島では一発触発の軍事衝突の危険性が日に日に高まっている。
アメリカはベトナム、フィリピンの領海を一方的に犯しているとの国際裁判判決を盾に南沙諸島の奪回をもくろんでいると思われる。
7月26日には南シナ海でアメリカ、日本、オーストラリアの対中国合同軍事演習が行われた。
日本ではあまり報道されていないが、日本も連日尖閣諸島を脅かされているのでアメリカとの協調を強めたいとの思いがある。

K10012526471_2007211726_2007211744_01_02


香港大紀元新唐人共同ニュースが
現在の状況を報じるビデオを発信しているのでご覧ください。

アメリカ軍空母2隻は南シナ海での訓練を再開

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

尖閣が危ない Ⅱ 最新情報

中国は沖縄、尖閣諸島、台湾を結ぶ第一列島線から太平洋へ進出するために尖閣諸島を支配しようともくろんでいます。勿論アメリカもこれを許すはずはないと思いますが
Sensuikan これが本当の対中国戦シナリオ! 元自衛隊海将が語る~鍵を握るのは潜水艦戦!
というタイトルで以下の内容を語る動画を紹介します。
Part1 中国の侵略計画は?
Part2アメリカはどう対抗する?
Part3 鍵を握るのは潜水艦戦力
Part4 中国の潜水艦戦力は?
Part5日本は原子力潜水艦をもて
詳しくは

【最新J情報】
日本の尖閣諸島が危機的状況を迎えている【中国 ニュース】【海外の反応】【凄いぞ日本!】【韓国の反応】【韓国 経済】

日本はアメリカ任せではなく中国にも、アメリカにも毅然とした態度で臨むこと
日本が独自で自衛するにはどうするかという事を
政府はもとより国民も真剣に考える時期に来ていると思う。

参考:シュミレーションとはいえ、尖閣は非常に緊急状態に入っているといえる
https://www.youtube.com/watch?v=j1bdwQ5VHR4
中国が4日以内に尖閣奪取?米シンクタンクが描く8フェーズのシナリオとは?
Sensuikan2

NHKの世論調査 13日発表
Nhk 国民も世界の変化、特に中国の侵略行動、に単なる平和主義では通用しないと思い始めている。攻撃能力を持つというのは今回が初めて半数近くに上っている

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

尖閣が危ない

中国はコロナウィルスで世界が混乱している間隙をついて80日以上連続で尖閣諸島への領海侵犯を続けている。オリーブの木の黒川代表が危機感を訴えている動画があります。最初に主な場面を掲載さいしますので詳しくは動画を見てください。

Oribu_20200709213701 Oribu2_20200709213701 Oribu4_20200709213701 Oribu3_20200709213701


尖閣諸島は日本の領土!中国の横暴を許すな【1日4隻, 領海侵犯, ビデオ流出, 民主党政権, 習近平】

中国は
香港の1国2制度を終了させ、台湾でも戦闘機による領空侵犯を続け、インドとの国境紛争も続いている。
習近平政権の不安定化が増すなか急速に先鋭化し、尖閣諸島の領有権を主張する為実効支配に向かっている。
日本政府はこれまでの様に弱気でただ遺憾の意を表するだけでは本当に尖閣を乗っ取られてしまう。

 

インドモディ首相は7月3日に中印紛争地域電撃訪問!して中国には絶対屈しない‼️との演説が評価されている。
”弱きものは絶対に平和をつくれない
勇敢さが平和の必須条件だ
領土拡張主義の時代は終わった。今は経済発展の時代だ”

日本の政治家はなぜ沈黙しマスコミも報道しないのか理解に苦しむ。

アメリカは尖閣問題は当事者間で解決するよう静観していたが中国の数々のぼうっきょに対してさすがに黙っていられないのか中国の行動を否定する行動を起こしいる。
【米国議会が動いた】中国の「尖閣領有権」主張を完全否定!日本はこれを手放しで喜んでいいのだろうか?【真意を読む】6/26

 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

小池都知事 知事選の何故 波乱の予感

マスコミは小池都知事のほぼ再選確実と圧倒的優勢を伝えている。
小池百合子の評判は何一つ良い事は聞こえてこないのに何故と思う。

 

やっているふりパフォーマンス何一つやらないで実績0と言ってもよい。
何よりもの職員の評価が悪い。出馬反対が賛成の倍で支持者はほぼ壊滅状態、
コロナ対策においても都民の事を真剣に考えて心配する気持ちは伝わってこない。東京オリンピックについての自分の評価を気にするあまり対応を誤り右往左往。昨日124人の
コロナ感染者が出て急速に不安、危機感が拡大した。東京アラートは何だったのか?
それでも優勢の元凶は二階自民党幹事長にある。安倍総理も国民の事より自分の事しか考えないという事が浸透し支持率を大きく低下させている。二階幹事長もなりふり構わず自分の地位、勢力拡大しか考えていない。。
すり寄る小池にこたえて野党に取られるよりはと、いち早く自民党も嫌っている小池支持をきめた事により優勢が決定的になった経緯がある。
このような状況で皆が嫌がる知事が続投してもいいのだろうか、
しかし組織選挙も、小池都知事本人の数々の悪評に加え
山本一郎の真摯な訴えが浸透し追い風が凄まじいという評価もあり投票率が上がれば
小池都知事の落選という事も十分ありうる。東京から日本の政治が変わる可能性もある
山本太郎の偽りのない政治姿勢を評価しているので奇跡を期待している。
Reiwa2 Reiwa

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »