« 河井克行、案里の逮捕の裏側の恐ろしい真実。 | トップページ | 尖閣が危ない »

2020年7月 4日 (土)

小池都知事 知事選の何故 波乱の予感

マスコミは小池都知事のほぼ再選確実と圧倒的優勢を伝えている。
小池百合子の評判は何一つ良い事は聞こえてこないのに何故と思う。

 

やっているふりパフォーマンス何一つやらないで実績0と言ってもよい。
何よりもの職員の評価が悪い。出馬反対が賛成の倍で支持者はほぼ壊滅状態、
コロナ対策においても都民の事を真剣に考えて心配する気持ちは伝わってこない。東京オリンピックについての自分の評価を気にするあまり対応を誤り右往左往。昨日124人の
コロナ感染者が出て急速に不安、危機感が拡大した。東京アラートは何だったのか?
それでも優勢の元凶は二階自民党幹事長にある。安倍総理も国民の事より自分の事しか考えないという事が浸透し支持率を大きく低下させている。二階幹事長もなりふり構わず自分の地位、勢力拡大しか考えていない。。
すり寄る小池にこたえて野党に取られるよりはと、いち早く自民党も嫌っている小池支持をきめた事により優勢が決定的になった経緯がある。
このような状況で皆が嫌がる知事が続投してもいいのだろうか、
しかし組織選挙も、小池都知事本人の数々の悪評に加え
山本一郎の真摯な訴えが浸透し追い風が凄まじいという評価もあり投票率が上がれば
小池都知事の落選という事も十分ありうる。東京から日本の政治が変わる可能性もある
山本太郎の偽りのない政治姿勢を評価しているので奇跡を期待している。
Reiwa2 Reiwa

|

« 河井克行、案里の逮捕の裏側の恐ろしい真実。 | トップページ | 尖閣が危ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河井克行、案里の逮捕の裏側の恐ろしい真実。 | トップページ | 尖閣が危ない »