« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月27日 (火)

対馬、北海道が危ない

Img_0394
外国資本による安全保障上重要な土地の買収に関し、政府が重要防衛施設周辺と国境離島に区域を指定し、土地購入者に国籍などの事前届け出を義務ずける法整備を検討しているという。
遅すぎる対応でやっとの思いがするが真剣にぜひ法整備をして頂きたい。
これまでも何度もニュースになり懸念されていたが、票に結び付かないことや面倒なことはさける傾向があった。
さすがに危機感を感じてきたのだろう。
数年前、外国資本による土地買収では長崎・対馬で海上自衛隊基地を取り囲むように韓国資本が買収して問題になった。
また同じく北海道では中国資本が水源地を含む山林を大規模に買収した。
北海道は不景気続きで日本人には売れない土地を中国人が割高で買いあさるのを止めることができなかったが傍観するわけにはいかない。
外国資本に自由に日本の土地を切り取られていくのを放置する事は許されない。
国会議員は自己の利益ばかり考えないで愛国心と国益を考えてほしい。

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

菅総理大臣の所信表明演説に失望 予想通り?

菅総理大臣の所信表明演説があり国会がスタートする。

演説を聞き一言でいえば、夢、希望が何も感じられないものであった。

世界の中で周回遅れになりつつある日本をどのようにとらえているのだろうか?安倍政権で壊されてしまった法と正義、倫理観など

どのようにとらえているのだろうか、

現状での対策の羅列で、実務遂行内閣とは言われるものの極めて小粒の政権のイメージを受ける。

すでにこれまで報じられている、携帯電話の値下げ、行政改革、ハンコの廃止、デジタル庁の創設、不妊治療の保険適用などそれなりに

国民が喜びそうなものであるのでそれこそスピード感をもってやっていただければよい。

外交面についてはこれまで携わっていなかったので多くは期待できないものの、意欲は見せてほしいものだ。

唯一、脱炭素社会で2050年までにCo2をゼロと宣言したのは注目すべきだが具体性は見えていない。原発を推進するための前振りでなければと思う。

28日から始まる論戦で野党には新たな質問、追及を期待したいものだ。

 

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »