« 奥琵琶湖の秋 菅浦湖岸集落から奥琵琶湖パークウェイ | トップページ | 目は口ほどにものを言う 菅総理 小池都知事 »

2020年11月24日 (火)

安倍前総理 桜を見る会 やはり嘘だった。

Skr215jpp031176535
Post_127699_1
安倍前総理 の桜を見る会について東京地検本部の捜査でやはり安倍側の飲食代補填が明らかになった。
全国の弁護士や学者らが出した告発状はさすがに無視できず効果があり検察は動かざるを得ない。
調べによると、ホテルが作成した明細書があり安倍側が費用の半分以上を補填していた内容も示されていたのだ。

安倍前総理はいずれこういう事態が想定されることから黒川検事の定年延長を強引に決定した。
検事総長に任命すれば不起訴になる事を目論んだことが想像できる。

安倍前総理が国会で説明したきたことがすべて嘘に嘘を重ねたものであった。

安倍前総理は最近また影響力の拡大を図っているようだがこの期に及んでは悪あがきは見苦しいのでやめた方が良い。
モリカケ問題で昭恵夫人も自らも関与していたら総理をやめ議員辞職をすると公言していたのだし、
これ以上晩節を汚すことないように潔く議員辞職をすることが残された道だろう。

菅総理は、知ってか知らずかみて見ぬふりをしてきた同じ穴のムジナである。
菅政権のダメージも必至で
安倍政権から特にモリカケ問題、文書改ざん問題と日本は当たり前のことが捻じ曲げられ、民主主義が壊されてきた。

検察は何としても立件しこの日本を立て直すべき結論に導いてほしい。

|

« 奥琵琶湖の秋 菅浦湖岸集落から奥琵琶湖パークウェイ | トップページ | 目は口ほどにものを言う 菅総理 小池都知事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥琵琶湖の秋 菅浦湖岸集落から奥琵琶湖パークウェイ | トップページ | 目は口ほどにものを言う 菅総理 小池都知事 »