« 円安144円 無能無策、岸田政権 | トップページ | 大谷翔平選手の記録 必見 今年達成した27個の記録 »

2022年9月30日 (金)

どこまでも凄い!大谷選手 日本の誇り

今日の大谷もまたすごかった。あわやノーヒットノーランの快投を見せた。

最近メジャーリーグの解説に大谷は試合を支配しているという言葉が使用されているがまさに今日もそうだった。

投手の規定回数162にあと9イニングとせまって迎えた登板で1回2回を無難にこなしたとき、大谷にはっきり今日は9回完投するという

強い意志が感じられた。

誰もがノーヒットノーランを意識していた8回、残念ながらヒットを許し8回108球で降板した。

しかし自己最多の15勝、規定回数160にもあと1イニングと間違いなく達成し、すでに到達している規定打席と合わせ

規定打席、規定投球回数とも160を達成するメジャーはじめての選手になる。

今日の10奪三振の結果奪三振率11.90も両リーグトップとなった。

打率も好調で14試合連続ヒットを続けている。

MVP争いはヤンキースのジャッジ選手に分があるようだが、2022年MVPにジャッジが選ばれたとしても大谷選手は次元が違い

今世紀のMVPは間違いなく大谷選手である。

何しろジャッジは過去の記録を追っているが大谷選手はメジャーの誰にも成し遂げられていない記録を作っていっているのである。

とにかく大谷選手の野球観戦は楽しく、高揚する。日本人として誇らしい。

 

|

« 円安144円 無能無策、岸田政権 | トップページ | 大谷翔平選手の記録 必見 今年達成した27個の記録 »

スポーツ」カテゴリの記事

素晴しき日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円安144円 無能無策、岸田政権 | トップページ | 大谷翔平選手の記録 必見 今年達成した27個の記録 »