« 2023年8月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年9月

2023年9月29日 (金)

【衝撃作】「日本初「薬やめる科」の医師が教える 薬の9割はやめられる

日本の高齢者は多くの薬を服用している。
医者に行くたびに薬が増えると嘆く人が多い。
なぜこんなことになったのでしょう。
正しい知識を身に着けて自分を守らなければなりません
医者の言いなりにならないで自分で判断することが大切です。
利権がらみが要因だと思ってますが
例えば血圧がいい例です。
30年前ぐらいまでは年齢に90を加えた値が基準とされていましたが
いつの間にか正常値は140とされ最近では120~130が基準になっています。
その結果成人の1/3以上は高血圧と診断され医者から降圧剤を処方されています。
30代と70代が同じ基準値がそもそもおかしいともいませんか。

以下のヘッドラインからの情報も参考にしてください。
福整骨院
日本人は世界の人口の2%にしか過ぎないのに、薬の使用量は世界の30%という異常な数値を叩き出しています。

日本は世界有数の“薬服用大国”、薬剤師が警告する「飲み続けると危ない薬」

『週刊女性』編集部
週刊女性2021年6月8日号
厚生労働省の調査では、75歳以上の40・3%が5種類以上の薬を処方されており、7種類以上の処方があった人も23・9%いた(令和元年度社会医療診療別統計 院外処方より)。

2023.04.08
# ライフ
なぜ医者はたくさんの薬を処方するのか?日本が“薬漬け大国”になった「意外な理由」
和田 秀樹精神科医
日本はかなりの“薬漬け大国”
医者が薬を多く処方する大きな理由は、医者の多くが自分の専門外の病気についてよくわかっていないからでしょう。

019.05.15 16:00
女性セブン
日本人は世界の中でもよく薬を飲む国民である。1人当たりの医薬品費等支出はアメリカ、スイスに次ぐ世界3位だ。薬処方大国日本、医師と薬剤

| | コメント (0)

2023年9月18日 (月)

世界一美しい大津ジャズフェスティバル開催 9月17日18日

「大津ジャズフェスティバル(OJF)」は、滋賀県大津市で毎年秋に開催されている、”世界一美しい”ジャズフェスティバルです。
2020年からコロナ、台風などで中止など不遇な3年間を経て2023年9月17日18日に第15回目が開催された。
大津ジャズフェスティバルは市民ボランティアの手作りによる無料の音楽イベント(祭り)で、大津湖岸なぎさ公園お祭り広場や琵琶湖ホテル、遊覧船ビアンカなど6か所の会場で2日間にわたり終日JAZZライブが開催された。
JAZZフアンにはJAZZに浸ることができるたまらない2日間であった。
JazzImg_2283Img_2292Img_2291今西祐介セクステットImg_2290_20230918203801Img_2287Story6Img_2286Img_2285OsakaSwingLabImg_2282石川左馬 Img_2294まちこばんどImg_2322BeChaseImg_2323H&GImg_2328ヨジゲンポケッツImg_2329小柳淳子Img_2330RISA Piano Trio

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年11月 »